ニュース
» 2006年08月28日 12時04分 UPDATE

大きな「ドームキー」を搭載した、簡単WINケータイ──「W45T」

東芝製の「W45T」は、auのフレンドリーデザインに準拠したWIN版の「簡単ケータイ」。“見やすい・使いやすい”をテーマとし、中央がふくらんだドームキーによる「でかキー」や「でか文字」などを実装する。

[ITmedia]

 東芝製の「W45T」は、「でかキー」や「でか文字」などを実装し、フレンドリーデザインに準拠したWIN版の「簡単ケータイ」だ。カラーバリエーションは、ハーバルグリーン、ムーンリットブラック、フロスティーホワイトの3色を用意する。

hn_w45t.jpg 簡単ケータイのWIN版「W45T」。ハーバルグリーン、ムーンリットブラック、フロスティーホワイトの3色

 東芝製の「簡単ケータイ」は、2005年2月発売の「A5509T」や2005年10月発売の「A5517T」が投入されている。W45TはA5517Tの機能を継承。2.6インチQVGA液晶を備えており、大きいフォントサイズで表示する「でか文字」やあらかじめ登録した相手にすぐ電話がかけられるワンタッチダイヤル機能、操作しやすい大型のキーパット「でかキー」を採用した点などが特徴となる。

 簡単ケータイという位置付けながら、多彩な機能を装備した。324万画素カメラのほか、PCサイトビューアーやPCドキュメントビューアー、赤外線通信機能を搭載。音楽再生機能として「LISMO」とSDオーディオプレーヤーが利用できる。

 3種類のアクセス制限(「電話発信制限」「電話着信制限」「Cメール制限」)と、2種類の使用量制限設定(「通話時間制限」「Cメール送信件数制限」)が行える。そのほか「EZナビウォーク」や圏内への復帰を早める「ベストコネクト機能」にも対応している。

機種名 W45T
サイズ(幅×高さ×厚み) 約50×97×21(最圧部約22)ミリ
重さ 約119グラム
連続通話時間 約210分
連続待受時間 約320時間
カメラ 有効324万画素
外部メモリ microSD(別売り)
メインディスプレイ 約2.6インチ(240×320ピクセル)
サブディスプレイ 約0.8インチ(96×39ピクセル)
ボディカラー ハーバルグリーン、ムーンリットブラック、フロスティーホワイト

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.