ニュース
» 2006年10月18日 14時11分 公開

ウィルコム定額プランですべてのPHSへの通話が定額に──“070定額”へ

ウィルコムは10月20日から、「ウィルコム定額プラン」の無料通話先をウィルコム以外のPHS事業者を含むすべての070番号へ拡大する。12月1日からは固定電話や携帯への通話も安価になるオプションも導入予定だ。

[ITmedia]

 ウィルコムは10月20日から、月額2900円でウィルコムのPHS間の音声通話、Eメール、直送メールの送受信がし放題となる「ウィルコム定額プラン」の無料通話対象先を拡大する。

 新たに対象に加わるのは、ウィルコム以外の事業者が提供する、070から始まる番号の端末。今までは、他社のPHSへの通話には30秒あたり10.5円の料金がかかっていたが、新しいウィルコム定額プランの導入により、070から始まるPHSの電話番号であれば、すべて定額料だけで通話可能になる。名称はウィルコム定額プランのままで変更はない。

 なお従来通り2時間45分以上連続で通話した場合は、超過分30秒につき10.5円かかる。また15時間以上の連続通話については切断を行う場合があるという。

 さらに12月1日からは、ウィルコム定額プラン専用のオプションサービスとして、「070以外もお得な通話パック」を開始する。こちらは1260円分の無料通話が含まれた月額1050円のサービスで、固定電話へ通話した場合最大60分、携帯電話へ通話した場合最大48分、ウィルコム国際電話サービスを利用し、アメリカへ通話した場合最大40分が定額料金だけで通話可能になる。本サービスは、11月1日から予約の受け付けを行う。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう