連載
» 2006年10月30日 15時25分 UPDATE

Mobile&Movie 第233回:もしも昨日が選べたら「万能リモコンが欲しい!!」

映画の中に登場する“モバイル製品”をご紹介する「Mobile&Movie」。今回ご紹介するのは、“人生をコントロールする万能リモコン”を手にした男の物語「もしも昨日が選べたら」。このリモコンは男を幸せにするのでしょうか。

[本田亜友子,ITmedia]
作品名もしも昨日が選べたら(CLICK)
監督フランク・コラチ
制作年・製作国2006年アメリカ作品


sa_eiga.jpg

 今回ご紹介するのは、テレビやDVDなどのリモコンを1つにまとめられる“万能リモコン”が鍵を握る物語。仕事のストレスが溜まっている主人公が、自宅でのリモコン操作の煩わしさをなくそうと、万能リモコンを買いに行くと、不思議なリモコンに出会います。それは、人生をも一時停止、早送りできるスグレモノでした。

 マイケル(アダム・サンドラー)は、家庭よりも昇進が大切と考える仕事人間。出世すれば、家族も幸せに過ごせると信じていますが、仕事のイライラを家に持ち込み、妻のドナ(ケイト・ベッキンセール)とはケンカが絶えません。見に行くと約束した子供の水泳大会も、携帯電話片手で仕事をしながら観戦。息子の感動的なゴールシーンを見逃してしまいます。

 そんな姿を見たマイケルの父親は

 「すっかり大物だな。だから携帯電話もでかいんだ」

 とからかいます。歳をとってきた両親とも、マイケルはなかなか一緒に過ごす時間が作れません。それをドナに責められ、また口論に。それがマイケルのストレスを増幅させ、いろんなものに当たり散らしてしまうのです。今夜の餌食はリモコン。自宅のリビングでテレビを見ようとして、リモコンを探すマイケル。しかし、いくつもリモコンがあり過ぎて、どれが本物かわからなくなってしまいました。カーッと頭に血が上ったマイケルは夜更けにも関わらず

「万能リモコンが欲しい!!」

 と叫んで、近所のスーパーに探しに行きます。テレビもDVDも全部1つのリモコンにまとめれば、ややこしい生活も少しはラクになると思ったのです。そして、マイケルはスーパーで不思議なコーナーを見つけます。万能リモコンを持って現われたのは、モーティ(クリストファー・ウォーケン)という男。特別に現在開発中の新製品を使わせてくれるというのです。

 「目標物に向かってクリックすれば、勝手に学習して使えるようになる」

 というモーティ。夢のような商品にマイケルは興奮。

 「いくらなんだ? ビル・ゲイツじゃないんだから、そんな高い金は払えないぞ」

 すると、モーティは

 「ただにするよ。善人にもたまにはいいことがあるさ」

 と、マイケルに万能リモコンを渡しました。ただし、返品は不可といわれます。

 家に帰ってさっそくリモコンを試すマイケル。1つのリモコンで、面白いように電化製品をコントロールできました。さらに、ペットの犬の鳴き声がうるさい時に、思わずボリュームダウンのボタンを押してみると、なんと犬の声が小さくなったのです。不思議なリモコンの性能に、マイケルは驚きます。さらに、ドナが現われて、マイケルと口論しそうになった時、早送りボタンを押してみたところ、ケンカも早送りできたのです。

 便利なリモコンにマイケルは大満足。通勤の渋滞や、上司(デヴィッド・ハッセルホフ)の小言を早送りしたり、リモコンのおかげでマイケルの人生をスムーズに過ごせるようになりました。しかし、リモコンの学習機能のせいで、思いがけない事態がマイケルに起こってしまうのです……。人生をもコントロールできるリモコンがあったら、あなたならどんなふうに使いますか?

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう