連載
» 2006年12月05日 22時51分 UPDATE

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:“ケータイ最強”のカメラはデジカメを超えた?──「910SH」 (1/5)

500万画素CCDと光学3倍ズーム……ついにデジカメと並ぶスペックを手に入れたシャープ製“デジカメケータイ”「910SH」。早速、そのカメラ機能を作例とともにチェックしていく。

[荻窪圭,ITmedia]
photo シャープ製「910SH」。こうしてみると一般的なデジカメのようだ。レンズ部には4.8-13.67ミリとレンズの焦点距離も書いてある。レンズ横にある撮影補助用ライトは従来機より大きく強力になった。ボディカラーはチタン(写真)、ブラック、レッド、ホワイト、ブルーの5色展開

 実は、携帯に500万画素なんてそうとう無理してるのでは、と思っていた。

 ソフトバンクモバイルのシャープ製端末「910SH」は、500万画素CCDに光学3倍ズームレンズを搭載する“デジカメケータイ”。回転2軸ボディのディスプレイを裏返すと自動的にカメラが起動する。これで横位置で構えられるデジカメスタイルで撮れるようになっている。

 シャッターボタンは右側面にある。きちんと半押しでAFが効くようになっており、円形のやや大きいボタンを採用する。また、側面の上下キーやメニューキーで各種設定操作も可能となっている。

 一方のディスプレイを開いて撮るケータイスタイル時はダイヤルキーを使って細かい操作が素早く行える。例えば[9]キーに、光学ズームの最望遠側と最広角側を一気に切り替えられるショートカットが割り当てられているといった具合だ。

 特に優れていると感じたのは、VGA(640×480ピクセル)以上のサイズで撮る場合の工夫だ。横に構えるデジカメスタイルでは写真も横位置で、縦で構えるケータイスタイルでは縦位置で写せるようになっている。これは便利だ。ただし実際の画像は横位置で保存される。ケータイスタイル時はファイルのExif情報に「90度回転」のタグが埋め込まれ、Exif対応の画像表示ソフト(たいていの画像表示ソフトは対応)で観ると自動的に縦に回転して表示されるという仕組みだ。


photophoto デジカメスタイル時はこの側面に並ぶボタン類で操作する。円形で大きめのものシャッターボタンで、AFのための半押し付き。ズームはメニュー操作時のカーソル移動兼用となる上下キーで行い、[C]キーがキャンセル、ちょっと離れて[Menu]キーという構成となっている。このシャッターボタンは腕時計の竜頭のような溝付きの形状。凝っている(左)。記録メディアはmicroSDカード。サンディスク製の2GバイトmicroSDが使えた(右)
       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.