ニュース
» 2007年01月16日 15時32分 UPDATE

2画面+タッチパネル+手書き入力──DSケータイ「D800iDS」

三菱電機製の「D800iDS」は、ダイヤルキー部分にタッチパネルディスプレイを採用した2画面ケータイ。ライフスタイルに合わせて選べる「3キーモード」「6キーモード」「10キーモード」の3つの操作モードのほか、「2タッチ入力」「5タッチ入力」「手書き入力」という3つの文字入力を採用するなど、幅広いユーザー層を狙う。

[遠藤学,ITmedia]

 三菱電機製の「D800iDS」は、ダイヤルキー部分にタッチパネルディスプレイを採用した2画面ケータイだ。CEATEC JAPAN 2005で「2画面ユニバーサルデザイン携帯」として参考出展された試作機が、この度、晴れて製品化された(2005年10月の記事参照)

Photo 2画面ケータイ「D800iDS」。ダイヤルキー部にタッチパネルディスプレイを搭載する。カラーバリエーションはホワイト、ブラック、シルバーの3色

 最大の特徴は“2画面”であること。端末上部のメインディスプレイ、端末下部のタッチパネルディスプレイともに2.2インチTFT液晶を備える。文字入力は「2タッチ入力」「5タッチ入力」のほかに、タッチパネルならではの「手書き入力」を採用し、普段使い慣れた入力方法で利用する場合は5タッチ、直感的に操作したい場合は2タッチ、手書きなど、好みに合った入力方法を選択可能だ。

 タッチパネルにありがちがな“ボタンやキーを押せているか分からない”との不安には、振動デバイス「フォースリアクタ」を内蔵することで対応。ボタンやキーを押した時の感覚を再現している。

 またD800iDSは、ライフスタイルやよく使う機能などのニーズに合わせた、「3キーモード」「6キーモード」「10キーモード」の3つの操作モードを用意。3キーモードは「電話」「メール」「カメラ」といった最低限のメニューを、6キーモードは「電話」「メール」「iモード」「アプリ」「ツール」「設定」といった標準的な機能を表示する。10キーモードは、従来の三菱電機製端末と同様のキー配置となっている。

 プリセットアプリは、2画面ならではのものを搭載。画面をなぞってボールを打つ3Dゴルフゲームのほか、ニンテンドーDS用ソフト「右脳鍛錬ウノタン」のモバイル版を用意した。同じ2画面、タッチパネルということで、ほかにもニンテンドーDS用ソフトのモバイル版が登場することが考えれる。

 このほか、キーの上をカーソルが自動で移動する「オートスキャン/ステップスキャン機能」を備えており、外部スイッチと外部スイッチ接続ケーブルを用いることで、タッチパネルに触れることなく端末の操作が行える。なお、外部スイッチは市販品を、接続ケーブルは単品オプション品の購入が別途必要となる。

 カメラはメインが有効130万画素CMOSセンサ、サブが有効10万画素CMOSセンサを装備する。iモード、iチャネルには対応するものの、ミュージックプレーヤーは搭載しておらず、着うたフル、おサイフケータイ、メガアプリ、プッシュトーク、デコメ絵文字といったサービスにも対応していない。なお、試供品としてスタイラスペンが付属する。

sa_d01.jpgPhoto スピンアイ搭載時代の三菱ムーバをベースにしたプロトタイプや開発段階の設計図を公開

sa_d03.jpgsa_d04.jpg

sa_d05.jpgsa_d06.jpg

Photo

機種名 D800iDS
サイズ 49×106×21ミリ
重さ 約120グラム
連続通話時間 約160分(テレビ電話:約90分)
連続待受時間 約520時間(静止時)、約360時間(移動時)
アウトカメラ 有効約130万画素CMOS
インカメラ 有効約10万画素CMOS
外部メモリ
メインディスプレイ 2.2インチ約26万2114色TFT液晶(240×320ピクセル)
タッチパネルディスプレイ 2.2インチ約6万5536色TFT液晶(240×320ピクセル) サブディスプレイ
ボディカラー ブラック、ホワイト、シルバー

新機種はいつ発売?と思ったら→「携帯データBOX」
  • 各キャリアの「新機種発売日情報」
  • 未発表の端末情報をお届けする「JATE通過情報」
  • 新機種の売れ筋が分かる「携帯販売ランキング」

携帯データBOXそのほか、各端末情報が一望できる“機種別記事一覧”が新登場〜いますぐパワーアップした携帯データBOXをチェック!
携帯データBOXは、ITmediaモバイルトップページのメニューバー右側からもアクセスできます。



Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.