ニュース
» 2007年01月16日 22時58分 UPDATE

写真で解説する「D800iDS」 (1/3)

“国内初の2画面ケータイ”という大きなインパクトを持った三菱電機製のFOMA端末「D800iDS」。キーボード部分のディスプレイはタッチパネル、使い方に応じた3つの操作モードを用意し、文字入力は2タッチ、5タッチのほか、手書き入力にも対応するなど、話題の多い端末だ。

[遠藤学,ITmedia]

 メインディスプレイとタッチパネルディスプレイを備えた国内初の2画面ケータイ──この斬新なアイデアを形にしたのが三菱電機製のFOMA端末「D800iDS」だ。「2画面ユニバーサルデザイン携帯」として、CEATEC JAPAN 2005などに参考出展されていた試作機だが、ついに製品化にこぎ着けた(2005年10月の記事参照)。発売は2月を予定。

 “タッチパネルはしっかりと押せているか分からない”という不安を払拭するため、D800iDSにはアルプス電気の振動デバイス「フォースリアクタ」を内蔵し、通話相手の声を聞き取りやすくする「明瞭トーク」を搭載した。

 サブディスプレイはないものの、背面には90個(9×10)のLEDが埋め込まれており、時計の表示が可能だ。このLEDは、音声着信、テレビ電話着信、メール着信(メッセージR/F含む)、チャットメール着信などにも光って通知してくれる。このほか裏面には、有効130万画素のCMOSカメラを備えている。

photophoto 三菱電機製のDS(Dual Screen)ケータイ「D800iDS」。ボディカラーはWHITE、BLACK、SILVERの3色を用意した

photophoto 背面はミラーリング処理が施されている。サブディスプレイはないものの、9×10のLEDが光るステータスイルミにより、電話やメールの着信、時刻の確認は可能だ。裏面上部には、有効130万画素のCMOSカメラを備える。撮影補助用ライトは非搭載

photophotophoto 電話着信時(左)、メール着信時(中央)、時刻表示時(右)のステータスイルミ。イルミネーションパターンは「フェード」「スレッド」「ディゾルブ」「シャイン」「ライン」「ロータリー」「フラワー」「ランダム」などを用意する

photophoto 端末の左側面(左)には赤外線ポートとイヤフォンジャック、メモ/確認ボタンとアシストキーがある。外部メモリには対応していないため、メモリスロットはない。右側面(右)にボタンやキーはなく、スッキリとしている

photophoto メインディスプレイ(左)、タッチパネルディスプレイ(右)ともに、2.2インチTFT液晶を採用。メインディスプレイ部には有効約10万画素CMOS、タッチパネルディスプレイ部には発話キー、終話キー、クリアキーの3つボタンを備える

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.