ニュース
» 2007年01月18日 23時16分 UPDATE

LGから「プラダケータイ」が登場――3インチタッチパネルを採用

LG Electronicsは、PRADAブランドの携帯電話“The PRADA Phone by LG”「KE850」を発表した。厚さ12ミリのボディに、3インチタッチパネルを搭載する。

[佐々木朋美,ITmedia]
photophoto 3インチタッチパネルを搭載するプラダケータイこと「KE850」

 韓LG Electronicsは1月18日、かねてから話題となっていたPRADAブランドの携帯電話“The PRADA Phone by LG”「KE850」を正式に発表した。通信方式にEDGE(900/1800/1900MHzトライバンド)を採用しており、日本では使用できない。

 LG Electronicsとイタリアの有名ブランドであるPRADAは、2006年12月に携帯電話端末分野で協力することを発表していた。以降、両社は開発からマーケティングまですべての活動をともに進めてきたという。

 KE850は厚さ12ミリというスリムなボディに、タッチセンサー内蔵の3インチ液晶をメインディスプレイとして搭載した端末だ。従来のダイヤルキーを完全になくし、主な操作をタッチパネルで行う点が最大の特徴となっている。Flashアニメを使用したユーザーインタフェースや着メロなどの内蔵コンテンツはPRADAとの協力で開発されたオリジナルのもので、本体だけでなく付属の皮ケースにも「PRADA」のロゴが刻み込まれている。

photophotophoto

 ミュージックプレーヤー、MP3を聞きながらメールの送受信が可能なマルチタスク機能、Bluetooth、Micro SDなどに対応。搭載するカメラは200万画素で、ドイツのレンズメーカー「Schneider Kreuznach」(シュナイダー)によるレンズを採用している。

 LG Electronicsではこれまでも、さまざまな企業と共同で限定版のブランド携帯を販売してきたが、KE850はこれらとは異なり大々的なマーケティング活動を通じた「Masstage」製品として売り出していくとしている。

 Masstageというのは、大衆を意味する「mass」と、高価な商品・ブランド力のある商品を意味する「prestige product」を合わせた用語。価格設定が比較的低く“大衆でも手の届がぜいたくなもの”というような意味がある。一部の人だけしか持てないような超高級品ではなく、デザイン性に優れた高級感ある製品を現実的な価格で普及させることで、同社のブランドを高めようという狙いがあるのだろう。

 KE850は2月末に米国、フランス、ドイツ、イタリアで販売される予定で、価格は600ユーロ(約9万4000円)。PRADAの店舗および携帯電話販売店で入手でき、香港やタイ、シンガポールといったアジアの主要国でも3月末頃に販売される予定だ。また、2007年度第2四半期中には韓国市場でもお目見えする。

“The PRADA Phone by LG”「KE850」の概要
大きさ(幅×高さ×奥行き) 54×98.8×12ミリ
通信方式 EDGE トライバンド(900/1800/1900MHz)
外部メモリ Micro SD
ミュージックプレーヤー機能 MP3、ACC/ACC+、WMA、RA形式に対応
ビデオプレーヤー機能 MPEG4、H.263/264に対応
ドキュメントビューア テキスト、PDF、Excel、Word、PowerPoint
外部接続 Bluetooth 2.0、USB 2.0

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.