ニュース
» 2007年01月31日 13時01分 UPDATE

ソニエリの「W44S」に誤課金の不具合、ソフト更新で対応

auのソニエリ端末「W44S」で、「au Media Tuner」利用時に誤課金が起こる不具合があることが分かった。KDDIはソフト更新で対応する。

[ITmedia]

 KDDIは、同社のソニエリ端末「W44S」に不具合があるとアナウンスした。同端末を利用しているユーザーには書面で通知し、1月31日から無線経由のソフトウェア更新機能「ケータイアップデート」で改修済みのソフトを提供する。

Photo デュアルオープンスタイルの「W44S」

 不具合は、W44Sでワンセグやデジタルラジオを視聴する際に利用する「au Media Tuner」の不良により誤課金が起こるというもので、番組表を取得したりチャンネルの設定を行う際の通信料が、「ご利用パケット通信 (その他)」として定額の計算対象外となっていた。通信料に誤課金が発生するのは「番組表の取得」「チャンネル設定(オート設定時)」「お知らせリンク (放送局バナー) の取得」「EZチャンネルプラスのオススメ情報の取得」「曲名検索」の5つのサービス。

 KDDIはこの不具合で発生した誤課金を、利用月の翌々月度の請求分で返還するとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.