レビュー
» 2007年03月05日 11時00分 UPDATE

「EM・ONE」の“ここ”が知りたい(2):Bluetoothで何ができるか――「EM・ONE」

Bluetoothを搭載するPCや携帯電話、対応アクセサリーが増えている。「EM・ONE」もBluetoothを内蔵するが、本機でどんなことができるのか。サポートするプロファイルを検証した。

[坪山博貴,ITmedia]
photo イー・モバイルのHSDPA端末「EM・ONE」

質問:Bluetoothで何ができるのか?

  Bluetoothは、携帯電話での対応も増え、ワイヤレス音楽再生の手段としても認知が進みつつある。「EM・ONE」でもBluetooth機能に関する質問は多かった。すでに公式情報が公開されているが、サポートしている主なプロファイルは以下の通りだ。

「EM・ONE」のBluetoothプロファイル
プロファイル 機能
HSP(Head Set Profile) ヘッドセットとの通信
DUN(Dialup Networking Profile) PC、携帯電話からのダイヤルアップ接続
OPP(Object Push Profile) 名刺や電話帳、スケジュールの送受信
A2DP(Advanced Audio Distribution Profile) ヘッドフォンやヘッドセットとの通信
HID(Human Interface Device) マウスやキーボードとの通信

 これらのプロファイルを実現するため、GAP/SDAP/GOEP/SPPといった基本プロファイルも、もちろんサポートする。

 具体例を挙げると、ヘッドセットを利用する通話、イヤフォンを利用する音楽再生、キーボードやマウスの利用、モデムとしての利用、などを、Bluetoothを利用してワイヤレスで行える。またPCのようにBluetoothの常時待受が行えるので、EM・ONEには触れずにPCからモデムとして利用したり、データ交換を行うことも可能だ。

photophoto PCからはPDAとして認識する。利用可能なプロファイルとしてDUN/OPP/HSP(Voice Gateway)を認識した

質問:Bluetooth対応携帯電話を利用してインターネット接続ができるか

 サービス開始時は、対応エリアが限られるためか、Bluetooth対応携帯電話などを利用してインターネット接続ができるのか、という質問が意外に多かった。「hTc Z」などのようにインターネット接続機能を内蔵しているなら、自身をモデムにはできるが、外部機器をモデムとして利用できないといった例もあるので、確かに気になる部分だろう。

 結論としては問題なく行えた。ワイヤレスモデムとして利用したのはNTTドコモの「P902i」だ。ペアリング操作などにやや手間取ったが(P902iはワイヤレスモデムとして利用する方法が若干特殊なせいもある)、「mopera」をISPとして利用し、PCに同じダイヤルアップ接続の設定を追加すると、あっさりとインターネット接続ができた。

photophoto このようにBluetooth対応端末を経由し、インターネット接続も行えた。EM・ONEのアンテナ表示が「通信中」になっていない点に注目して欲しい。Bluetoothでダイヤルアップ接続しているのが確認できる

 通信料金などの問題はあるが、EM・ONEをBluetooth対応携帯電話と組みあわせて持っておけば、イー・モバイルのサービスエリア外でインターネット接続の必要に迫られても、なんとか対応できそうだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.