ニュース
» 2007年04月06日 15時57分 UPDATE

年度末を迎え総計100万以上の大幅純増──3月契約数

電気通信事業者協会(TCA)によると、3月末時点での携帯電話・PHS契約数は累計で1億169万8100。年度末を迎え、100万契約を超える純増を記録した。【MNP動向と各種サービスの対応状況を追加】

[園部修,ITmedia]

 電気通信事業者協会(TCA)は4月6日、3月末時点の携帯電話およびPHS契約数を発表した。携帯電話の契約数は累計で9671万7900。年度末ということもあってか、2月末の9576万2300から一気に95万5600契約増えた。PHSの契約数も491万7600から498万200に増え、携帯電話とPHSを合計した契約数は1億169万8100になった。

Photo 各キャリアの純増数の推移
グループ名 2007年3月純増数(単月シェア) 累計(累計シェア)
NTTドコモ 29万8000(31.2%) 5262万1100(54.4%)
au(KDDI) 71万1700(グループ合計55.4%) 2731万6800(28.2%)
ツーカー ―18万1700 87万1500(0.9%)
ソフトバンクモバイル 12万7600(13.4%) 1590万8500(16.4%)
累計 95万5600 9671万7900

 キャリア別の純増数では、依然KDDIグループが強い。auは合計で71万1700の純増で、ツーカーの18万1700の純減を考慮しても53万件の純増。ツーカーグループは累計契約数が100万契約を切った。ワンセグ端末などもようやく発売になり、幅広いラインアップがそろったドコモは29万8000の純増。ホワイトプランが早くも300万契約を突破したソフトバンクモバイルは、2月とほぼ同水準の12万7600の純増となっている。

 なお、3月31日にサービスを開始したイー・モバイルは、6月末から四半期ごとに契約数を公表する。

Photo 各キャリアの単月シェアの推移
MNP利用状況 転入 転出 差し引き
ドコモ 非公開 非公開 −11万0700
au 非公開 非公開 15万4800
ツーカー 6500 −6500
ソフトバンク 8万0400 11万8100 −3万7700

ドコモの3分の2がFOMAに──ソフトバンクも3G率が半数に迫る

グループ名 2007年3月純増数(3G) 累計(3G) 3G率
ドコモ 148万5100 3552万9500 67.5%
au(KDDI) 73万1600 2671万9600 97.8%
ソフトバンク 61万1100 766万0100 48.2%

 ドコモとソフトバンクの端末の3G化は急速に進んでいる。ドコモは当初の予想通り(2006年7月の記事参照)、2007年3月をもってFOMAの契約数が全契約者の3分の2を超えた。またソフトバンクモバイルも、3G契約の比率が48.2%に達した。この勢いだと4月には50%を超えそうだ。

グループ名 カメラ ムービー アプリ GPS 着うた Web
ドコモ 非公開 非公開 非公開 非公開 非公開 4757万4000
au(KDDI) 2556万 2540万 2321万(BREW) 2419万 2542万(うち着うたフル:1385万) 2353万3200
ソフトバンク 非公開 非公開 1273万5900 非公開 非公開 1326万4600

ウィルコムは9万3000の純増

グループ名 2007年3月純増 累計
ウィルコム 9万3000 452万7100
ドコモ −3万0400 45万3100

 PHSの契約数も、3月は大幅に増加した。ウィルコムのみで9万3000件の純増を記録しており、NTTドコモグループの3万400の純減を合算しても6万2600の純増で、PHSの累計契約数は498万900件となった。ウィルコムの累計契約数は452万7000、ドコモの累計契約数は45万3100。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.