ニュース
» 2007年06月18日 11時46分 UPDATE

Nokia、新しいミッドレンジ携帯電話を発表

Nokiaの新端末は、マルチメディアや3Gネットワーク対応などの機能を備える。

[ITmedia]

 Nokiaは6月18日、ミッドレンジ市場向けの多機能携帯電話を発表した。

 発表したのは「Nokia 6267」「同3500 classic」「同6121 classic」の3機種。いずれも2007年第3四半期に出荷開始の予定。

 Nokia 6267はマルチメディア機能専用キーが付いており、音楽機能やビデオ機能などが簡単に利用できるという。カメラを2台搭載し、うち1台は2メガピクセルでフラッシュと8倍デジタルズームを備える。第3世代(3G)ネットワーク対応で、予想小売価格は240ユーロ。

ah_6267.jpg

 Nokia 3500 classicはFMラジオ、2メガピクセルカメラ、インスタントメッセージング(IM)機能を備える。メタルフレームがアクセントを添えるスタイリッシュなデザインで、予想小売価格は135ユーロ。

 Nokia 6121 classicは、クアッドバンドGSM/WCDMA(900/2100)対応のスマートフォン。HSDPAネットワークも利用できる。フラッシュやパノラマモード付きの2メガピクセルカメラと、前面にテレビ電話用カメラを搭載する。予想小売価格は260ユーロ。

ah_3500.jpgah_6121.jpg 左が3500 classic、右が6121 classic

関連キーワード

HSDPA | Nokia | スマートフォン


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.