ニュース
» 2007年07月31日 16時57分 UPDATE

日本通信、ドコモ端末でiモードを経由しないデータ通信サービスを提供へ

日本通信は7月31日、ドコモ端末からiモードを経由しないデータ通信サービスを提供するため、iモード移動無線装置接続用パケット交換機との接続を申し入れたと発表した。

[園部修,ITmedia]

 日本通信は7月31日、NTTドコモにiモード移動無線装置接続用パケット交換機との接続を申し入れたと発表した。同社がドコモ端末で、iモードプラットフォームを利用しないデータ通信サービスを提供するための準備で、ドコモが公表している接続約款の標準メニューに基づく申し入れとなる。具体的なサービス提供開始日および料金は後日発表する。

 日本通信では、iモードメールやiモードプラットフォームを利用しないデータ通信サービスに、企業などの潜在的ニーズが高いと考えており、ドコモの携帯電話から、iモードを経由せず直接企業などのネットワークに接続するサービスを提供することを検討している。

 これが実現すれば、ドコモの端末から企業のイントラネットやメールサーバなどに直接接続して各種作業を行ったり、会社のメールアドレスを利用して携帯電話でメールの送受信をしたりすることも可能になる。

 すでにドコモ側では外部との接続ができる状態を構築済みで、日本通信としてはドコモとの交渉がまとまり次第、サービスを提供したい考えだ。

Photo 日本通信が提供予定のデータ通信サービスのイメージ。ドコモ端末からiモードサーバを経由せず、企業のイントラネットやメールサーバ、インターネットに直接接続可能にする

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.