ニュース
» 2007年08月31日 18時43分 公開

アッカとドコモ、“2.5GHzでWiMAX”の事業免許取得で提携

アッカ・ネットワークスとNTTドコモは8月31日、2.5GHz帯を利用したWiMAXの事業免許取得に向け、戦略的提携を行うことで合意した。

[ITmedia]

 アッカ・ネットワークスとNTTドコモは8月31日、2.5GHz帯を利用したWiMAXの事業免許取得に向けて提携すると発表した。ドコモはアッカ・ネットワークスが掲げるグローバルスタンダードベースのオープンな水平分業モデルの実現という理念に賛同し、アッカはドコモが携帯キャリアとして培った実績を評価して提携を決めたという。

 ドコモは、アッカ・ネットワークスの事業企画子会社、アッカ・ワイヤレスに出資するとともに、アッカ・ネットワークスと事業運営面で戦略的提携を行うことで合意。事業免許の申請はアッカ・ワイヤレスが行い、事業者免許取得後の事業展開についても同社が事業主体となる。事業の展開にあたっては、アッカ・ネットワークスが有線ネットワークの運用や営業などの事業運営全般を担当し、ドコモが無線ネットワークの構築や無線技術に関する支援を行う。

 なおアッカ・ワイヤレスは、約720億円の増資を予定している。出資額は、ドコモが事業免許の申請条件となっている3分の1以下の約190億円、アッカ・ネットワークスが約300億円となる予定。なおアッカ・ワイヤレスは、他のパートナーとの提携についても検討を進めているという。

 2.5GHz帯を利用した次世代高速無線の認定申請は、9月10日から受付が開始される予定。これまで2.5GHz帯を使った高速無線通信の事業免許取得を目指すキャリアの提携は、ソフトバンクとイー・モバイルの例がある。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう