レビュー
» 2007年09月26日 16時59分 UPDATE

写真で解説する「INFOBAR 2」 (1/2)

あの“INFOBAR”が進化して帰ってきた。前モデルと同じく深沢直人氏がデザインを手がけるau design projectの第7弾、それが「INFOBAR 2」。ワンセグ、EZ FeliCa、有機ELディスプレイ、AFカメラ……デザインコンセプトの魅力を損なうことなく、昨今、携帯に望まれる機能をしっかり搭載して登場する。

[岩城俊介,ITmedia]
photo ストレート型のINFOBARを継承した「INFOBAR 2」。2.6インチの有機ELディスプレイとワンセグ、EZ FeliCaなど、現在、携帯に望まれる機能をしっかり搭載する“高機能さ”も特徴

 「口の中で溶けた飴」のような──2003年にヒットした「INFOBAR」が約4年の時を経て、新たに「INFOBAR 2」に進化した。au design projectの第7弾モデルとして登場する。

 このINFOBAR 2は、2006年10月に公開されたプロトタイプからほぼ変わらないデザインで量産化できたことに、まず驚かされる。「四角い飴が口の中で溶けて、丸みを帯び始めたかのようなかたち」と、デザインを手がけた深澤直人氏はINFOBAR 2のデザインコンセプトをこう表現する。

 au design projectの第6弾モデルとして2007年3月に発売した「MEDIA SKIN」も、有機ELディスプレイ、ワンセグ、おサイフケータイなど昨今、携帯に望まれる機能をしっかり搭載しながらデザインコンセプトの魅力も損なわないフォルムが特徴だったが、INFOBAR 2も最近のau design project端末に準じる“高機能さ”を継承。ワンセグ、2.6インチの有機ELディスプレイ(ワイドQVGA)、EZ FeliCa、オープンアプリプレーヤー、有効197万画素AFカメラ、そしてデザイン──“ほぼ全部入り”といえる特徴を持つ。

 ボディカラーは“溶けかけた飴”をイメージする「SILVER」、表面にシボ加工(MEDIA SKINの表面のような少しざらっとする感触のつや消し塗装)を施した「MIDORI」、INFOBARの特徴的なカラーを引き継いだ紅白の模様の「NISHIKIGOI」、温かみのあるシックなタイルパターンを施した「WARM GRAY」の4色を用意する。“MIDORI”のみつや消し、そのほかはダイヤルキー面、裏面ともにつややかな塗装が施される。

photophoto 「INFOBAR 2」。SILVER、MIDORI、NISHIKIGOI、WARM GRAYの4色で展開する。新規価格はまだ未定ながら、2万円から2万5000円前後を予定するという。MEDIA SKINの新規価格は3万円弱だったので、やや安価になるもようだ
photophoto “MIDORI”の表面加工はこのような感じ(ん。この角度から見ると……ハロっぽいぞ。ちなみに“ハロの目”の部分は卓上ホルダ用の接点)。指紋は、つやあり/赤基調の“NISHIKIGOI”が特に目立ちがちかな(右)
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.