ニュース
» 2007年10月16日 11時05分 UPDATE

Woooの高画質技術と有機ELが融合、アンテナは内蔵──「Woooケータイ W53H」

日立製作所製のワンセグ端末が、Woooの高画質化技術に加え、Woooのデザインをまとって登場する。2.8インチワイドQVGAの有機ELディスプレイと相まって、美しいワンセグ映像を実現した。画像処理エンジンは「Picture Master for Mobile」だ。

[園部修,ITmedia]

 日立製作所製のワンセグ端末「Woooケータイ W53H」は、同社のワンセグ端末としては初めて薄型テレビ“Wooo”のブランドを冠した端末となる。「W52H」にも採用されていた、ヒストグラム伸長型ガンマ補正、画面輝度対応イコライジング補正、彩度補正、光センサー連動ガンマ補正といった高画質化機能を実現するPicture Master for Mobileを、新開発の2.8インチワイドQVGA(240×400ピクセル)有機ELディスプレイと組み合わせて利用する。

photophoto 「Woooケータイ W53H」

PhotoPhotoPhoto Woooケータイ W53Hのカラーバリエーションはジャパンブラック、ユーロパープル、ノルディックホワイトの3色。ユーロパープルは「W43H」同様、見る角度によって色合いが変わる“マジョーラカラー”を採用している

 デザインは薄型テレビWoooと共通の“Cutting Edge Design”を採用し、エッジを効かせた形状になっているのが特徴だ。ワンセグアンテナは本体に内蔵しており、ホイップアンテナを伸ばさなくてもワンセグが視聴できる。またワンセグはディスプレイを回転させるだけで起動する「クイックTV起動」機能も用意した。また、ディスプレイをワンセグが視聴しやすい角度で固定する機能や、バックグラウンド録画も可能な録画予約機能、外部メモリ録画機能、タイムシフト機能なども装備する。

 ボディの厚さは最薄部で14.2ミリに抑えられ、従来の日立製作所製ワンセグ端末よりもぐっと薄くなっている。ボディカラーはジャパンブラック、ノルディックホワイト、ユーロパープルの3色。ユーロパープルには、2006年秋冬モデル「W43H」に採用され人気を博した、見る角度によって色合いが変わる“マジョーラカラー”を採用する。

 ワンセグに加えてEZ FeliCaやPCサイトビューアーなど、高機能端末に必須の機能も標準装備。外部メモリはmicroSDが利用可能で、カメラは有効197万画素CMOSとなっている。

機種名 Woooケータイ W53H
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約51×107×14.2(最厚部約18.8ミリ)ミリ(暫定)
重さ 約131グラム(暫定)
連続通話時間 約250分(暫定)
連続待受時間 約360時間(暫定)
カメラ 有効197万画素
外部メモリ microSD
メインディスプレイ 約2.8インチワイドQVGA(240×400ピクセル)有機EL
サブディスプレイ
主な機能 災害時ナビ、EZ FeliCa、EZケータイアレンジ、PCサイトビューアー、赤外線通信、オープンアプリプレイヤー
ボディカラー ジャパンブラック、ノルディックホワイト、ユーロパープル
新機種はいつ発売?と思ったら→「携帯データBOX」
  • 各キャリアの「新機種発売日情報」
  • 未発表の端末情報をお届けする「JATE通過情報」
  • 新機種の売れ筋が分かる「携帯販売ランキング」

携帯データBOXそのほか、各端末情報が一望できる“機種別記事一覧”が新登場〜いますぐパワーアップした携帯データBOXをチェック!
携帯データBOXは、ITmediaモバイルトップページのメニューバー右側からもアクセスできます。


関連キーワード

ワンセグ | Wooo | 日立製作所 | 有機EL | W53H | FeliCa | W52H


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.