レビュー
» 2007年10月16日 18時22分 UPDATE

動画で見る「W56T」

W56Tの外観的な特徴は、ディスプレイが360度“エビ反る”「リバーシブルスタイル」。この機構は過去の東芝製端末にも採用例があるが、どのようなものかすぐに思い出せる人も少ないかもしれない。というわけで、どんな感じかは動画で見ると分かりやすい。

[岩城俊介,ITmedia]
photophoto 東芝製のハイエンド端末「W56T」。チャイナホワイト、ハイウェイオレンジ、ユニバースブラックの3色を用意する
photophoto ハイウェイオレンジは、閉じるとシルバー基調、開くと鮮やかなオレンジ色のダイヤルキーが表れるツートーンデザインになっている。ディスプレイを開くと、いったん通常の折りたたみスタイルと同じ角度で止まる。ヒンジの右側にあるボタンを押すとヒンジのロックが外れて、ディスプレイがぐるりと“エビ反り”して「リバーシブルスタイル」になる

Get Macromedia FLASH PLAYER ディスプレイが360度裏返る「リバーシブルスタイル」を採用し、2.8インチワイド有機ELディスプレイを搭載する

(このムービーをご利用いただくにはFLASHプラグイン(バージョン8以上)が必要です。ムービーはこちらからでも参照できます)

Get Macromedia FLASH PLAYER 「リバーシブルスタイル」はこのような動き。ディスプレイを開くと、いったん通常の折りたたみスタイルと同じ角度で止まる。ヒンジの右側にあるボタンを押すとヒンジのロックが外れて、ディスプレイがぐるりと“エビ反り”。「リバーシブルスタイル」になる

(このムービーをご利用いただくにはFLASHプラグイン(バージョン8以上)が必要です。ムービーはこちらからでも参照できます)

機種名 W56T
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約50×106×17.8ミリ(暫定)
重さ 約145グラム(暫定)
通信規格 EV-DO Rev.A
連続通話時間 (検討中)
連続待受時間 (検討中)
アウトカメラ 有効約324万画素AF
外部メモリ microSD(別売り/最大2Gバイト)
メインディスプレイ 約2.8インチ(240×400ピクセル)有機EL、26万色
サブディスプレイ 7×7ドットLED
Eメール保存 受信メール:2500Kバイト(最大1000件)、送信メール:1000Kバイト(最大400件)
Cメール保存 受信メール:最大100件、送信メール:最大50件
文字表示サイズ 大:7文字×10行、中:10文字×13行、中小:12文字×16行、小:15文字×20行、極小:20文字×28行
照度センサー
データフォルダ容量 約800Mバイト(最大5000件)(暫定)
EZアプリフォルダ容量 約50Mバイト
音源 128和音(ステレオ対応)
着信音 パターン14種類、メロディ6曲、サウンド7種類
アドレス帳 最大1000件(1件あたり最大3番号/3アドレス)
発着信履歴 発信:50件、着信50件
簡易留守メモ/通話音声メモ あわせて最大30秒×3件
主な対応サービス・機能 EZ着うたフル、ビデオクリップ、EZテレビ(ワンセグ)、デジタルラジオ、EZ・FM、EZ FeliCa、Bluetooth、PCサイトビューアー、オープンアプリプレイヤー、赤外線通信(IrSimple) ほか
ボディカラー ハイウェイオレンジ、チャイナホワイト、ユニバースブラック

新機種はいつ発売?と思ったら→「携帯データBOX」
  • 各キャリアの「新機種発売日情報」
  • 未発表の端末情報をお届けする「JATE通過情報」
  • 新機種の売れ筋が分かる「携帯販売ランキング」

携帯データBOXそのほか、各端末情報が一望できる“機種別記事一覧”が新登場〜いますぐパワーアップした携帯データBOXをチェック!
携帯データBOXは、ITmediaモバイルトップページのメニューバー右側からもアクセスできます。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.