ニュース
» 2007年11月13日 16時59分 UPDATE

ソフトバンクら7社、NFCによる非接触決済携帯の実証実験──国際的なサービス展開見据え

ソフトバンクモバイルやマスターカード、Samsung電子ら7社は、携帯による国際規格に対応した非接触決済の実証実験の検討を開始すると発表。マスターカードのPayPassなどを利用した実証実験を2008年度に行う。

[岩城俊介,ITmedia]

 ソフトバンクモバイルおよびマスターカード・ワールドワイド、ジェムアルト、オリエントコーポレーション、Samsung電子、日立製作所、日本ヒューレット・パッカードの7社は11月13日、NFC(Near Feild Communication:近距離無線通信)技術に対応する携帯を用いた非接触決済サービスの検討を開始すると発表。2008年度に実証実験を開始する予定。

 NFCは、2003年12月に国際規格化された13.56MHz帯を使用する近距離無線通信の規格。NFCチップを搭載する機器同士を近づけ、最大424kbpsで双方向通信できる。国内で広く普及するFeliCaや海外および国内の住民基本台帳カード、運転免許証などの公共系カードで使用するISO14443TypeA(Mifare)/ISO14443TypeBとも互換性があり、上記規格に対応するICチップへの読み書きに対応。ハンドオーバー(機器間通信)も可能とする。

 今回の実証実験は、ジェムアルトのNFC-USIMにマスターカードのPayPassアプリケーションを搭載し、NFC-USIMを差したSamsung電子のNFC対応携帯で店舗などに設置されるNFC対応非接触リーダー/ライターで迅速に決済を行うというもの。

photo MastarCard PayPass端末および決済ツールの見本

 マスターカードのPayPassは、迅速な決済が欲求されるファストフードやドラッグストア向けに開発されたIC技術を用いる非接触型決済ソリューション。2007年大3四半期現在、世界で1900万枚、PayPass利用可能店舗は7万3000に達し、米国やカナダ、イギリス、フランス、イタリア、スイス、スペイン、中国、韓国、台湾など20カ国で導入および実証実験が行われている。日本では千葉県・浦安市の複合型商業施設「イクスピアリ」や「千葉マリンスタジアム」、伊藤忠エネクスの一部ガソリンスタンド(キーホルダー型決済ツールなども導入)、都内の一部レストランなどに導入されている。

 各社は同プロジェクトを通じてワールドワイドでのサービス展開を見据え、国際標準規格ISO14443に準拠するNFC対応携帯の開発、検証および各種団体やサービスプロバイダ、システムベンダーなどと協議し、サービス商用化に向けて推進。NFC対応携帯およびインフラの国際的普及を目指す。

 2007年11月13日からフランス・パリで開催するICカードの展示会「CARTES 2007」で、現在検討する非接触決済のデモンストレーションを実施する。


プロジェクトにおける各社の役割
企業名(五十音順) 役割
オリコ ・PayPassの発行及びお客様利便性の検証
・加盟店向けサービスの提供およびPayPassのアクワイアリング業務
サムスン電子 NFCチップ搭載携帯電話の開発
ジェムアルト PayPass アプリケーション向けNFC-USIMプラットフォームの開発
ソフトバンクモバイル 本プロジェクトの設計、調整
日本HP NFC関連の情報システムの開発
日立製作所 NFC関連の情報システムの開発
MasterCard 国際決済ブランドとしてMasterCard PayPassアプリケーションの提供

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.