ニュース
» 2007年11月14日 14時51分 UPDATE

ピーク時の半分以下、248万8000台に減少──9月携帯出荷

電子情報技術産業協会(JEITA)が11月14日、2007年9月分の携帯電話およびPHS端末の国内出荷台数実績を発表した。台数はピークとなった7月から半減しており、秋冬商戦が11月以降に後ろ倒しになった影響が見て取れる。

[園部修,ITmedia]

 電子情報技術産業協会(JEITA)が11月14日、2007年9月分の携帯電話およびPHS端末の国内出荷台数実績を発表。それによると、携帯電話およびPHSを合計した全出荷台数は248万8000台で、前年同月比は74.7%にとどまった。

 携帯電話だけで見ても235万2000台、前年同月比73.8%に落ち込んでいる。内訳は3G携帯が233万3000台で前年同月比78.4%、2G携帯は1万9000台で2カ月連続で2万台を下回った。携帯電話の出荷数が前年同月比マイナスに陥るのは5カ月ぶり。

 PHSは13万6000台、前年同月比93.2%となった。

 携帯電話はドコモKDDIソフトバンクモバイルともに新端末の発表会が10月以降に開催され、発売が11月以降になるなど、2006年よりも立ち上がりが遅かったこともあり、大きく出荷台数を減らした模様だ。ワンセグ搭載比率は31.7%だった。

 ちなみに2007年度上半期(4〜9月)の出荷台数は2526万1000台で、前年同月比112%を記録。依然増加傾向にある。特に6月7月に携帯各社の夏モデルが発売され、月間で500万台以上を出荷したのが追い風になった。

Photo 携帯電話出荷実績の推移
Photo PHS出荷実績の推移

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.