調査リポート
» 2007年11月30日 02時32分 UPDATE

モバゲーは知ってるけど、SNSは知らない──高校生のケータイ利用の実態は

ネットエイジアが「高校生のケータイ利用」に関する自主調査の結果を発表。若者層に人気のモバゲータウンの利用はゲームが9割弱で、SNSの利用は2割超にとどまっている。

[ITmedia]

 ネットエイジアは11月29日、モバイルリサーチで「高校生のケータイ利用」に関する自主調査を行った結果を発表した。調査は2007年10月20日から同26日まで、携帯電話を利用している全国の高校生を対象に行ったもので、集計数は1000名。

 同調査によれば、インターネット閲覧を「1日5回以上」と回答した人は57%、「1日3、4回」が13.8%、「1日1、2回」が12.9%で、「1日1回以上」ネット利用している割合は83.7%に達した。ゲームについては、「1日5回以上」が17.9%、「週2、3回」が15.6%となり、「1日3、4回」と「1日1、2回」を含めた「1日1回以上」の割合は40.4%だった。

 「メール作成・送信」は「1日5回以上」が58.2%で、「1日1回以上」の割合は82.7%、「通話」に関しては「週2、3回」が最多で28.5%となり、「1日1回以上」通話する割合は22.1%だった。

 ケータイSNSについて、SNSに関する説明をせずに質問したところ、「SNSを知らない」という回答は63.6%に達した。「モバゲータウンの認知と利用」に関して聞くと、「利用している」が49.7%、「利用していないが知っている」が44.2%で、「知らない」はわずか6.1%。モバゲータウン利用者が実際に利用しているコンテンツは、「ゲーム」が87.3%、「ケータイ小説」が26.8%で、「SNS」の利用は22.5%にとどまっている。これらの結果から、モバケータウンをSNSサービスとして認識している高校生は多くない状況がうかがえた。

 プロフを「利用している」回答者は30.1%、「利用していないが知っている」が48.7%で、認知率は78.8%だった。また、男子高校生での利用が18.8%なのに対し、女子高校生では41.4%にのぼった。関東圏在住の女子高校生に限ると、利用割合は58%と高くなっている。プロフの交換相手は「学校の同性の友達」が最も多い。

 ケータイでよく見るコンテンツを選択方式で聞いたところ、「投稿サイトの画像・動画」が49.6%、「ケータイ小説」が37.4%、「アーティストのプロモーション動画」が25.3%で上位を占めた。なお男子では「投稿サイトの画像・動画」が1位、女子では「ケータイ小説」が1位となった。

 「自分で探した、または、人から教えてもらった、面白いコンテンツ(画像、動画、サイト)を他の人に教えることはあるか?」という質問に対しては、「よくある」という回答が15.5%、「ときどきある」が42.3%だった。最近教えたコンテンツを自由回答で聞いたところ、「MyTube」「あちゅら」「GAMOW」「ゴルゴンゾーラ」「激カワ画像交換所」などが挙げられた。

携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.