調査リポート
» 2007年12月28日 15時30分 UPDATE

おサイフケータイ、高校生の利用実態は

ネットエイジアが、高校生を対象としたおサイフケータイに関する自主調査の結果を発表。6割超が対応機種を持っているものの、“使ったことがない”という回答が約8割にのぼった。

[ITmedia]

 ネットエイジアは12月27日、おサイフケータイに関する自主調査の結果を発表した。調査は12月14日から同16日まで、高校生のケータイユーザーを対象に実施したもので、有効回答数は479名。

 同調査によれば、おサイフケータイ機能を持つ携帯電話を所有している割合は62%で、「機能がない」という回答は25.9%、「分からない」が12.1%だった。キャリア別に見ると、ドコモユーザーでは「機能がある」が69.6%、auユーザーでは55.2%、ソフトバンクユーザーは49%となった。

 

 おサイフケータイ所有者に、「おサイフケータイを使って利用したサービス」を複数回答で聞いたところ、「おサイフケータイ機能を使ったことはない」という回答が81.8%に達した。実際に使った機能、サービスでは「Edy」が12.8%で最多となり、「nanaco」が4.4%、「会員証/ポイントカード」が3.7%でこれに続いた。キャリア別では、ドコモユーザーの利用経験が他キャリアユーザーに比べ高めとなり、「Edy」が15.7%、「nanaco」が5.8%、「会員証/ポイントカード」が4.7%だった。

 おサイフケータイを「便利だと思う」と回答したのは全体で37.4%。「便利だと思わない」が6.4%、「どちらともいえない」が34.7%、「分からない」が21.5%だった。男子高生では「便利だと思う」割合が42.8%と、女子高生の32.5%と比較して高い。キャリア別では、auユーザーの回答が32.7%と他キャリアユーザーに比べ低めとなった。

 複数回答形式でおサイフケータイのメリットとデメリットを聞いたところ、メリットとしてトップに挙げられたのは「支払いが早い」で52%。以下「小銭を持ち歩かなくて良い」が42.8%、「財布を持ち歩かなくて良い」が36.5%、「割引などの特典を受けられる」が25.7%と並んでいる。

 デメリットは、「ケータイを紛失したり盗まれたりしたときの対応に不安がある」が最多で72%となり、「セキュリティに不安がある」が41.1%、「利用できる店舗や施設が少ない」が32.8%でこれに続いた。

 今後利用したいおサイフケータイの機能については、「電車の切符、定期券など乗車券」という回答が38%で最多。「映画、イベントなどのチケット」が30.7%で2位となった。また「学生証」という回答も26.3%を占めている。

関連キーワード

おサイフケータイ | Edy | nanaco | 中高生


携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.