速報
» 2008年01月09日 23時02分 UPDATE

富士通、大容量FRAMを搭載した航空分野向けRFIDタグを開発

[ITmedia]

 富士通は1月9日、航空分野のメンテナンス情報管理に向け、64Kバイトの大容量FRAMを搭載したUHF帯RFIDタグを、世界で初めて開発したと発表した。

 同タグは、航空機の部品や整備情報を格納するために必要な大容量FRAMを搭載しており、UHF帯RFIDの国際標準規格であるEPCglobal Class1 Generation 2規格に準拠。また国ごとに異なる認可周波数帯に対応する。これにより、国や企業をまたがってやり取りされる航空機の部品や整備情報のトレースが可能になり、高品質な航空機メンテナンスを可能にするという。

 タグサイズは50.8(幅)×25.4(高さ)×6.22(厚さ)ミリで、重量は13.6グラム。販売開始は、2008年度第1四半期を予定している。

関連キーワード

FRAM | RFID | 富士通


携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう