ニュース
» 2008年01月22日 15時17分 UPDATE

手のひらから夢と魔法の世界へ──ディズニー・モバイル、3月1日スタート

ウォルト・ディズニー・ジャパンとソフトバンクモバイルは3月1日、20代から30代の女性をメインターゲットにした携帯電話サービスを共同で開始する。シャープ製の専用端末を販売するほか、ディズニーの豊富なコンテンツが利用できる各種サービスを用意する。

[園部修,ITmedia]
Photo 握手を交わすウォルト・ディズニー・ジャパン 代表取締役社長 ポール・キャンドランド氏とソフトバンクモバイル代表取締役社長 孫正義氏

 ウォルト・ディズニー・ジャパンは3月1日から、ソフトバンクモバイルとの協業により、独自ブランドの携帯電話サービス「ディズニー・モバイル」を開始する。

 ディスニー・モバイルのサービスは、ソフトバンクモバイルの3Gネットワークを活用するが、独自のブランドを利用する、広義にはMVNOと呼べるサービス。ユーザーが契約するのはウォルト・ディズニー・ジャパンとなるが、基本的にソフトバンクモバイルのサービスエリア内で利用でき、ソフトバンクモバイルの公式コンテンツにもアクセスできるなど、国内のソフトバンクモバイル端末で受けられるサービスはすべて利用可能だ。

 ディズニー・モバイルが独自に提供するのは、端末やコンテンツ、サービスの部分。端末はシャープの「THE PREMIUM」をベースに、背面のパネルなどを一部変更した「DM001SH」を採用。3月1日のサービス開始とともに発売予定だ。

Photo ディズニー・モバイル専用端末「DM001SH」。背面にミッキー柄が施されているほか、決定キーと十字キーにもミッキーが隠されている。ベースはシャープのTHE PREMIUM 820SHと思われる
(C)Disney
Photo DM001SHのカラーはShiny Silver、Glitter Gold、Sparkling Pinkの3色
(C)Disney
Photo 厚さ13.4ミリの薄型ボディにワンセグやFeliCaも搭載する
(C)Disney
※初出時に「国際ローミングに対応する」との記述がありましたが、誤りでした。お詫びして訂正いたします。
PhotoPhoto DM001SHの背面にはミッキー柄が施されている。右下の一部には加工が異なるワンポイントも。十字キーにも“耳”がある
(C)Disney

 メールアドレスは「ユーザー名@disney.ne.jp」という独自ドメインのものが利用できるほか、Yahoo!ケータイをカスタマイズした独自のポータルサイトを用意。端末の“D”ボタンを押すことでアクセスできる。さらに、ディズニー・モバイル限定の着信音や動画、ゲーム、待受画面などもプリインストールするほか、専用のポータルサイトからもダウンロードできる。

 さらに大きなポイントは、現在ソフトバンクモバイル向けに提供されている23のディズニー公式サイトが追加料金なしで利用できること。通常は各サイトごとに月額105円から月額315円程度の利用料金がかかるが、ディズニー・モバイルのユーザーはこれらのサービスがすべて自由に使える。

 料金プランはソフトバンクモバイルが提供しているホワイトプランと同じ月額980円のホワイトプラン(D)のみとなる。ここにWホワイト、ホワイト家族24、パケットし放題を適宜組み合わせて利用する。端末の購入や契約は全国のソフトバンクショップのほか、家電量販店、オンラインストア disneymobile.jp にて行える。端末購入時は新スーパーボーナスが適用される。

PhotoPhotoPhoto ディズニーモバイルの料金プランはホワイトプラン、Wホワイト、ホワイト家族24、パケットし放題のみ。ソフトバンクモバイルでホワイトプランを契約しているユーザーとも無料通話、無料メールの特典が受けられる。サービス開始は3月1日
Photo (C)Disney

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.