レビュー
» 2008年01月30日 05時54分 UPDATE

動画で見る「920P」

ソフトバンク版“VIERAケータイ”、「920P」。ディスプレイが横にも開く“Wオープンスタイル”は改めてどのように使えるのか、P905iにはない920Pの独自機能「メディアジャンプボタン」とは何か。動画で確認していこう。

[岩城俊介,ITmedia]
photophoto パナソニック モバイル製の「920P」。カラーはゴールド、メタルブラック、ピンク、ライトブルー、ホワイトの全5色で展開する
photophoto Wオープンスタイルを採用し、ディスプレイは縦はもちろんと横にも開く。横に開いて、横向きワイド画面でワンセグやPCサイトブラウザ、ゲームなどが楽しめる

Get Macromedia FLASH PLAYER ソフトバンクモバイル「920P」(パナソニック モバイル製)の外観。“VIERAケータイ”の名も与えられ、ドコモのP905iとほぼ同じデザイン、機能を備える

(このムービーをご利用いただくにはFLASHプラグイン(バージョン8以上)が必要です。ムービーはこちらからでも参照できます)

Get Macromedia FLASH PLAYER 「920P」のPCサイトブラウザでPCサイト閲覧。3インチフルワイドVGA(480×854ピクセル)液晶を搭載し、“Wオープンスタイル”でディスプレイが縦にも横にも開く「920P」。PCサイトブラウザやワンセグなどの機能使用時は、縦に開くと縦向き、横に開くと横向きに自動的に切り替わる

(このムービーをご利用いただくにはFLASHプラグイン(バージョン8以上)が必要です。ムービーはこちらからでも参照できます)

Get Macromedia FLASH PLAYER ドコモのP905iにはない「920P」独自機能の1つとして、ダイヤルキー下部に“メディアジャンプボタン”がある。このボタンでワンセグとインターネット(PCサイトブラウザ)を交互切り替え・あるいは起動できる。また、待受時は短押しでPCサイトブラウザ、長押しでメディアプレーヤーが起動する。P905iにあるタスク切り替えのための「MULTI」キーは、側面の「P905iで言う“プッシュトークキー”」がある位置に備わる

(このムービーをご利用いただくにはFLASHプラグイン(バージョン8以上)が必要です。ムービーはこちらからでも参照できます)

機種名 920P
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約49×106×18.8ミリ
重さ 約135グラム
連続通話時間 約220分(W-CDMA)、約200分(GSM)
連続待受時間 約580時間(W-CDMA)、約340時間(GSM)
ワンセグ連続試聴時間 約4時間30分(ECOモード時:約6時間45分)
アウトカメラ 有効約507万画素AF、手ブレ補正付き
インカメラ 有効約33万画素
外部メモリ microSD、microSDHC対応(別売り)
メインディスプレイ 約3インチ(480×854ピクセル)液晶、最大26万色
サブディスプレイ 約0.77インチ(96×25ピクセル)有機EL、1色
主な対応サービス・機能 着うたフル、PCサイトブラウザ、国際ローミング(3G/GSM)、Bluetooth(V2.0+EDR)、フィーリングメール、S!おなじみ操作 ほか
ボディカラー メタルブラック、ホワイト、ライトブルー、ゴールド、ピンク

新機種はいつ発売?と思ったら→「携帯データBOX」
  • 各キャリアの「新機種発売日情報」
  • 未発表の端末情報をお届けする「JATE通過情報」
  • 新機種の売れ筋が分かる「携帯販売ランキング」

携帯データBOXそのほか、各端末情報が一望できる“機種別記事一覧”が新登場〜いますぐパワーアップした携帯データBOXをチェック!
携帯データBOXは、ITmediaモバイルトップページのメニューバー右側からもアクセスできます。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう