ニュース
» 2008年02月15日 15時00分 UPDATE

Mobile World Congress 2008:新聞を読めて音楽も聴ける“現代の巻物”――巻き取り式電子ペーパーケータイ「READiUS」

画面は大きくしたい、でも本体はコンパクトにしたい――。多くの携帯メーカーが抱えるこんな悩みを、ユニークな方法で解決してみせたのがPolymer Visonの電子ペーパーケータイ「READiUS」だ。5インチの電子ペーパー部は、使わないときに巻き取って収納できる。

[山根康宏,ITmedia]

 Polymer VisionはMobile World Congress 2008の同社ブースで、5インチの電子ペーパーディスプレイとHSDPA対応の通信モジュールを内蔵したモバイル端末「READiUS」を披露した。コンテンツのダウンロードや電子ブックリーダー、電子メール、音楽プレーヤーなどの機能を備え、携帯電話としても利用可能。通信方式はHSDPA/W-CDMA/GSMに対応する。

sa_pv_01.jpgPhoto READiUSの電子ペーパーディスプレイは折り曲げ可能。ななめ方向からの視認性も高い。ディスプレイを巻き取るとストレート型の携帯電話を若干厚くした程度のサイズになる

sa_pv_03.jpgPhoto コントラストが高く、実際の印刷物を見ているかのようにくっきりと文字が表示される。電源を切っても表示が保持されるので省電力化にも貢献するという。本体にある5つのボタンでメニュー操作ができるほか、指先を上下に動かすことで画面のスクロールが可能。画面はグレイスケール16階調ながら写真の全画面表示にも対応する

折り曲げられる電子ペーパーを採用、使わないときには巻き取って収納

 READiUSは、折り曲げられる5インチの電子ペーパーをメインディスプレイに採用したモバイル端末。ディスプレイ部を未使用時に巻き取って収納できるようにすることで、携帯電話に求められる大画面と本体の小型化を両立させた。電子ペーパーはバックライトを必要としないことからディスプレイ部を薄くでき、電源を切っても表示内容を保持できる。こうした特性が、省電力化や小型化に貢献しているという。

 本体部分には5つの操作キーとメニューキーなどがあり、ボタン上で指先をスライドさせると画面を上下にスクロールできる。機能面では電子書籍リーダー、電子メール/SMS、ポッドキャスト、RSSリーダーなどを利用できるほか、音楽再生にも対応している。なおREADiUSからは直接文字入力できないためメールなどは受信専用となる。

 さらにPCと接続して専用ソフトを利用すれば、RSS/ポッドキャストの配信設定や電話帳編集などが可能になる。電子ブックなどのコンテンツ購入はHSDPA回線を利用したオンライン経由のほか、PCでダウンロードしたコンテンツを転送して利用することも可能だ。Webブラウザは搭載していないが「将来は搭載を検討したい」(説明員)という。

 この端末は2008年第2四半期から第3四半期の間に、イタリアの通信キャリアTIMから発売される予定。価格は未定だが、「電子新聞購読とセットでの割引き販売など、コンテンツと組み合わせた販売モデルなども考えられるのではないか」(同)とのことである。

sa_pv_05.jpgPhoto 付属のハンズフリーコントローラ。3.5ミリのヘッドフォンジャックを備え、市販のヘッドフォンを利用できる。READiUSでの音楽再生コントロールや音声通話のオン/オフ操作も可能。本体のカバー内にはSIMカードと外部メモリ用のスロットを装備する

sa_pv_07.jpgPhoto PC用接続ソフトを使って各種設定を行う。リテールパッケージも参考展示された

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.