調査リポート
» 2008年03月06日 10時44分 UPDATE

モバイルSNSの魅力、“コンテンツはモバゲー、コミュニケーションはmixiモバイル”

MobileMarketing.JPが、モバイルSNSの利用動向に関する調査結果を発表。「モバゲータウン」はコンテンツの魅力、「mixiモバイル」はコミュニケーションの魅力で高い評価を得ている。

[ITmedia]

 MobileMarketing.JPは3月5日、「モバイルSNSブランドおよびアクティブ利用状況」に関する自主調査結果を発表した。同調査は2007年12月、12歳から52歳までの全国のケータイユーザーを対象に行ったもので、有効サンプル数は352サンプル。

 モバイルSNSブランド比較では、「モバゲータウン」はコンテンツの魅力、「mixiモバイル」はコミュニケーションの魅力で高い評価を得た。10代ではモバゲータウンブランドがコンテンツの魅力、コミュニケーションの魅力の両面で高い評価を獲得しているが、フィルタリングの導入により、コミュニケーション魅力に大きな影響が出る可能性があるという。

 モバイルSNSの利用頻度については、「いつも利用する」と「たまに利用する」を含むアクティブ利用者は、「モバゲータウン」が42.6%、「mixiモバイル」が36.1%、「GREE」が25.9%。そのほか、「プチゲーフレンズ」は10.2%、「StyleWalker」は8.5%、「エキモバ」は6.8%、「Yahoo Days」は5.4%、「Gocco」は2.8%、「Any」は0.6%となった。

 モバゲータウンの未認知率は4.3%と非常に低く、CMなどの広告による認知率アップの影響が大きいことが分かる。また、取り込んだユーザーをうまく優良顧客に誘導できていることがうかがえた。他方、mixiモバイルはトライアル率が低いためアクティブ利用が少ないものの、優良顧客は23.9%となっており、使うユーザーと試したことのないユーザーの二極化の傾向が見られる。なお、複数のモバイルSNSをアクティブ利用しているユーザーは、約3割となった。

 MobileMarketing.JPは、同調査のリポートを3万円で販売する。また、別途見積りにより調査結果を再集計し、ニーズにあったリポートも提供するという。

携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.