速報
» 2008年03月07日 21時06分 UPDATE

ケータイサイトに期待するのは、売上に対する直接効果

[ITmedia]

 インプレスR&Dのシンクタンク部門インターネットメディア総合研究所は3月7日、ケータイにおけるウェブサイト担当者の意向調査の結果を発表した。

 同調査によれば、自社が開設しているケータイサイトの効果に関しては、「非常に効果がある・役に立っている」と「効果がある・役に立っている」を合わせた、効果を感じている層は約44%となった。「あまり効果がない・役に立っていない」と「全く効果がない・役に立っていない」を合わせた、効果を感じていない層の約20%に比べ、倍以上高い。ケータイサイトに対して今後さらに期待する効果は、「売り上げに対する直接効果」が約53%で最多。「宣伝・広報効果、ブランド認知」が約38%でこれに続いた。

 自社が開設しているケータイサイトに対してアクセス解析を行っている法人は、「定期的に行っている」が23%、「不定期に行っている」が37%と、合わせて6割の法人がアクセス解析を行っている。一方で、25%の法人はアクセス解析を行っていないと回答しているという。

 同社は、企業のケータイウェブサイトの開設状況や担当者、制作や運用における効果や課題、予算などの概要に加え、アクセス解析やアクセス誘導の実施状況、ブログやフィード、SNSの利用等の61項目の設問について詳細な分析を掲載した『ケータイウェブサイト担当者―意向調査報告書2008(9)』を発売した。1023サンプルを対象としており、単純集計に加え、雇用者規模別、業務別、自社のケータイサイトの効果有無別の3パターンのクロス集計を掲載している。

 価格は冊子版、PDF印刷可能版がそれぞれ5万円、PDF印刷不可能版が2万5000円。サイトライセンス版も発売予定だ。

関連キーワード

アクセス解析 | 携帯サイト | Web解析


携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう