調査リポート
» 2008年04月16日 09時00分 公開

ビジネスで使いたいケータイは

ネットエイジアが携帯電話のビジネス利用に関する調査結果を発表。携帯利用が多い職種は営業職で、会社からビジネス用途の携帯電話を支給されているのは40%程度にとどまった。同調査では、仕事をする上で使いたいケータイの機種名についても調査している。

[ITmedia]

 ネットエイジアは4月15日、「ビジネスにおけるケータイ利用」に関する調査結果を発表した。同調査は4月8日から10日まで、20歳から49歳までの男性ビジネスマン369名を対象に行ったもの。

 同調査によれば、仕事でケータイを利用しているビジネスマンは66.7%。職種では営業職での利用が74.4%と高くなっている。また、仕事でケータイを利用している回答者のうち、ケータイを会社から支給されているのは41.1%で、自分で所有するプライベートのケータイを利用している人は58%となった。会社からケータイを支給されている回答者に、ケータイを支給されていることで「仕事の効率はアップしているか」を聞いたところ、「アップしている」という回答が76.2%に上っている。

 なお、会社から支給されているケータイのキャリアは、「NTTドコモ」が65.3%、「au」18.8%、「ソフトバンクモバイル」10.9%、「ウィルコム」5.0%となった。

 仕事でケータイを利用する主な用途を複数回答で聞いたところ、ケータイを会社から支給されている回答者では、「会社との連絡(通話)」が90.1%、「顧客、クライアントとの連絡(通話) 」が85.1%、「社員間の連絡(通話)」が83.2%。その他「会社との連絡(メール)」が41.6%、「社員間の連絡(メール)」が37.6%、「サイト閲覧、情報検索」が26.7%、「カメラ機能」が22.8%となっている。

 プライベートのケータイ利用者では、「会社との連絡(通話)」が84.6%、「社員間の連絡(通話)」が73.4%で多数派。その他「顧客、クライアントとの連絡(通話) 」が59.4%、「社員間の連絡(メール)」が29.4%、「サイト閲覧、情報検索」が26.6%、「カメラ機能」が23.8%となった。

 プライベートのケータイをビジネスで利用している回答者のうち、料金を「全額自己負担」している人は68.5%となり、「一定額を会社から支給」が16.1%、「明細書で会社に支給」が10.5%、「負担額を申請して請求」が4.2%だった。仕事でケータイを利用しているビジネスマンで見ると、ケータイ料金を全額自己負担している割合は26.6%となる。

 プライベートケータイでのビジネス利用金額は、「1000円以下」が25.2%、「2000円」が12.6%、「3000円」が9.1%となっているが、「5000円以上」という回答も25.9%にのぼっている。

 なお、仕事で利用する上で「現在欲しいケータイがある」と回答したのは全体の24.4%。具体的に欲しいケータイを自由回答形式で聞いたところ、「F905i」「W62S」「SH905i」「P905i」「E03CA」「HT1100」といった機種名が挙がっている。その他「PCデータ(Word、Excel)の閲覧・修正」「PCとデータがシンクロできる」「データ管理ができる」といった機能や、スマートフォンを希望するという意見が複数あった。

関連キーワード

E03CA | F905i | HT1100 | P905i | SH905i | W62S


携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう