調査リポート
» 2008年05月08日 11時23分 公開

ケータイ小説、約6割が“泣ける話を読みたい”

ネットエイジアが“ケータイ小説”に関する調査結果を発表した。ケータイ小説を読む頻度は「ほぼ毎日」が約4割で、1日に読む時間は「約20分」が最多。読んでみたい内容は、「泣けるもの」が約6割となっている。

[ITmedia]

 ネットエイジアは5月1日、「ケータイ小説」に関する調査結果を発表した。調査は4月20日から同22日まで、15歳から39歳のケータイユーザーを対象に行ったもので、回答サンプル数は400名。

 同調査によれば、携帯電話でケータイ小説を読んでいるのは8.8%、「以前は読んでいたが、今は読んでいない」が23.8%、「一度も読んだことがない」が67.5%だった。男女別で見ると、読んでいるのは男性で5%、女性で12.5%。「以前は読んでいたが、今は読んでいない」という回答も女性では31.5%となっており、男性の16.0%を大きく上回った。また若い世代での購読率が高めとなっており、10代女性では16.7%となっている。

 ケータイ小説を読んでいるユーザーに読む頻度を聞いたところ、「ほぼ毎日」が37.1%で最多だった。このほか「週4、5日」が8.6%、「週2、3日」が28.6%、「月2、3日」が20.0%で、「月1日以下」が5.8%。1日にケータイ小説を読む時間は、「20分」という回答が20.0%で最も多かったが、「10分」「120分以上」が各17.1%、「30分」「60分」が各14.3%、「5分」が11.4%、「90分」が5.7%と分散傾向にある。加重平均すると平均時間は1日45分となった。

 ケータイ小説を読む理由を複数回答形式で聞いたところ、「小説のテーマ、内容が面白い・興味を惹かれる」が74.3%、「ケータイでどこにいても読める」が65.7%、「文章が読みやすい」が28.6%、「考えなくて読める」が20.0%が主な理由として挙げられた。「周りで話題になっている」「人に勧められて」との回答はそれぞれ5.7%だった。

 ケータイ小説を読んでいるユーザーに、これまで読んだケータイ小説で面白かったもの、感動したものを3つまで選んでもらったところ、最も多かったのが「恋空」で45.7%、次いで「Deep Love」が25.7%、3位が「赤い糸」14.3%だった。

 またケータイ小説を読んでいるユーザーに「どのような内容、テーマのケータイ小説を読んでみたいのか」を複数回答で聞いたところ、「泣けるもの」が最多で57.1%。次いで「自分や自分の周りにはなさそうだが、何となく身近に思えるもの」で48.6%となっている。このほか「自分や自分の周りにありそうなもの」が42.9%、「作者の実体験したもの」が37.1%、「現実にはありえないが、周りの人と話題になる過激なもの」が31.4%、「最終的に主人公が立ち直る、希望があるもの」が20.0%、「主人公がひどい体験をするもの」が14.3%だった。

 なお書籍化されたケータイ小説の購入経験のある人は、全体では11.5%だった。ケータイ小説を読んでいるユーザーでは書籍購入経験は34.3%、以前読んでいたユーザーでは23.2%、一度も読んだことがない人では4.4%となっている。ケータイ小説が原作の映画を鑑賞した経験は、全体では「見たことがある」が16.0%。ケータイ小説を読んでいるユーザーでは鑑賞経験は40.0%、以前読んでいたユーザーでは26.3%、一度も読んだことがない人では9.3%となった。

関連キーワード

小説・詩 | ケータイ小説 | 書籍 | 携帯電話


携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう