速報
» 2008年05月12日 23時31分 UPDATE

顔検出機能をLSIに実装――OKI、「顔画像処理ハードウェア IP」を発売

[ITmedia]

 沖電気工業は5月12日、顔画像処理ミドルウェア“FSE”(Face Sensing Engine)の顔検出機能をLSIなどに実装する「顔画像処理ハードウェアIP」を開発し、販売を開始した。標準価格はオープンプライス。

 同社は顔画像処理ミドルウェアのFSEを携帯電話市場やデジタルカメラ市場に提供してきた。2006年11月から販売している『FSE Ver.3』では、画像から複数の人の顔を検出し、個人を識別する機能を提供しており、デジタルカメラの顔検出オートフォーカス機能などに採用されている。

 より高速に応答できる顔検出機能に対するニーズが高まる中、同社はCPU処理能力が低い組み込み機器にも適用できるソリューションとして、顔画像処理ハードウェアIPを開発。顔検出機能のCPU処理量が多い部分をハードウェアロジックで実現し、LSIで実装するもので、これにより、CPUの処理能力が高くない組み込み機器でも、30fpsの速度での顔検出が可能になるという。

 同製品のソフトウェアインタフェースはFSE Ver.3と同様であるため、アプリケーション部分を変更することなく同製品への置き換えが可能。今後は個人識別機能のハードウェア IPの開発・提供も行う予定としている。

 同製品は5月14日から16日まで、東京ビッグサイトで開催される「第11回組込システム開発技術展」のOKIネットワークLSI展示ブースに出展される。

携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.