レビュー
» 2008年05月16日 08時20分 UPDATE

「X02NK」ロードテスト:第3回 どんなファイルも手間なし再生――「X02NK」のミュージックプレーヤーは手軽さが魅力

X02NKの音楽再生機能は、さまざまな点で制限が少なく、ポータブルオーディオプレーヤーライクな操作で使えるのが魅力。音楽ファイルをmicroSDに保存する際のフォルダ階層やファイル名のルールなどが一切なく、どこに保存してもOKだ。

[坪山博貴,ITmedia]

 今や音楽再生機能は携帯電話の標準機能の1つ。ケータイから直接、音楽をダウンロード購入できる手軽さが魅力だ。ただ、PCから楽曲を転送しようと思うと専用ソフトが必要だったり、時間のかかるエンコードが必要だったりと面倒で、挫折したという人も少なくないだろう。

 「X02NK」の音楽再生機能は、さまざまな点で制限が少なく、専用のミュージックプレーヤーなみに手軽に使えるのが魅力だ。MP3、WMA、AACといった主要なファイル形式に対応し、いずれのファイルも曲やアーティスト名、アルバム名、ジャンルなどファイルに記録されるメタ情報にも対応。ミュージックプレーヤーの各種一覧に反映される。WMA、AACともにロスレスには対応していないが、専用機もHDD内蔵タイプ以外ではまず対応していないので、これはやむを得まい。

sa_nk31.jpgPhoto ミュージックプレーヤーの曲一覧表示は、全曲、プレイリストに加えて、メタ情報を使ったアーティスト名/アルバム名/ジャンル/作曲者別での表示が可能だ。アーティスト一覧のみ次にアルバム一覧とさらに階層化されている(左)。アーティストの一覧。この画面では分からないが、iTunesのAACファイル、MP3ファイルを直接microSDメモリーカードに転送した音楽ファイルの情報も問題なく表示する(右)

 音楽ファイルをmicroSDに保存する際、フォルダの階層やファイル名のルールなどは一切なく、どこに保存してもいい。例えばWindows PCからmicroSDにファイルを保存する場合、「マイ ミュージック」フォルダ内の「iTunes」フォルダを丸ごと(コピーできる容量なら)コピーしてもいい。転送ソフトを起動してケーブルを接続して……といった手順を踏む必要もなければ、転送元PCのOSも問わない。音楽ファイルのビットレートやメモリカードの書き込み性能にもよるが、USB 2.0対応のカードリーダーを使えば、1曲あたり2〜3秒もあれば転送できてしまう。あとはmicroSDをX02NKに装着し、ミュージックプレーヤー側で更新処理を実行するだけ。更新処理にはそれなりに時間がかかるが、バックグラウンドで実行できるので、放っておけばいい。

sa_nk33.jpgPhoto 音楽ファイルを追加、削除した場合は、ミュージックプレーヤー側で「更新」を実行する。バックグラウンドで更新を実行するのが便利だ

 Windows Media AudioのMTPモードもサポートしており、USBケーブルでPCと接続すればWindows Media Playerから音楽を転送したり、同期させることが可能。WMAに加えてMP3もそのまま変換なしで転送でき、ダウンロード購入したWMAも転送して再生できる。この場合はUSB 1.1接続となるので転送速度は落ちるが、作成したプレイリストも反映できるなど利便性は高い。また、直接microSDにコピーしたWMAやMP3もWindows Media Playerで管理できるので、大量に音楽ファイルをコピーする最初だけ直接コピーして、日々の更新はWindows Media Playerで行うといいだろう。

Photo USBケーブルを接続すると4つの通信機能が選択できる。「データ転送」を選ぶとUSBマスストレージクラスで認識するメモリカードリーダー代わりになり、装着したmicroSDにアクセスできる。「メディアプレーヤー」を選択するとMTPモードになり、Windows Media対応のミュージックプレーヤーとして認識可能だ。設定で通信機能を固定しておくこともできる

 ミュージックプレーヤーのインタフェースはそれほど凝ったものではないが、手軽さは専用ミュージックプレーヤーなみ。音楽再生は、端末を下にスライドしてメディアキーの再生ボタンを押すだけだ。Webブラウザを使っていようが、カメラを使っていようがおかまいなしに起動できる。

 メディアキーでミュージックプレーヤーを起動すると、前回、再生を停止した曲の先頭から再生を開始し、音量はカメラの起動中(ズーム機能になる)以外はほかの機能を利用していても右側面のキーで調整できる。再生を停止する時も、下にスライドしてメディアキーを操作するだけですみ、メニューからいちいち呼び出す必要はない。

Photo 下にスライドすると現れるメディアキー。閉じた状態で自動キーロックがかかっている場合には、ロックが解除される。暗い場所でも操作できるようにキーが光る


sa_nk37.jpgPhoto 右側面中央のキーで音量を調整できる。ミュージックプレーヤーがバックグラウンドで動作していても機能する。左側面のイヤフォンジャックは3.5ミリ径で、市販のヘッドフォンを直接差し込める。microSDスロットは左側面にあり、microSDHCに対応。手元にあった4Gバイトのメモリーカードを利用できた

sa_nk39.jpgPhoto ミュージックプレーヤーの再生画面は特に凝ったものではないが、各種リピート再生、6種類のイコライザ、ラウドネス/サラウンド機能など必要十分な機能を備えている。音楽再生中は待受画面上に曲名が表示され、カーソルを移動して決定キーを押すと再生画面を呼び出せる

 3.5ミリ径のステレオミニジャックを備えているので、ヘッドフォンの選択も自由だ。付属のリモコンにもステレオミニジャックが装備され、こちらを利用する場合にもヘッドフォンを自由に選べる。リモコン操作でも音楽再生を開始でき、ボリューム調整もリモート操作が可能。もちろんBluetoothを利用したワイヤレス音楽再生にも対応する。

Photo 付属のリモコンに市販ヘッドフォンを接続することも可能。リモコン部分にマイクを備えており、どんなヘッドフォンを組み合わせてもハンズフリー通話ができる

 X02NKは、手持ちの音楽ファイルをさっとmicroSDにコピーすればすぐ再生でき、メディアキーのおかげで操作もシンプル。音声通話時以外は音楽再生をほぼ途切れなく楽しめるなど、ポータブルオーディオプレーヤーとケータイを別々に持っているのと変わらない感覚で使える。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.