レビュー
» 2008年05月26日 01時00分 UPDATE

「Cyber-shotケータイ W61S」の“ここ”が知りたい(2):内蔵メモリの容量は?――「Cyber-shotケータイ W61S」

専用機に迫るカメラ機能を備えた「Cyber-shotケータイ W61S」。高解像度の画像をたくさん撮影するためにも、内蔵メモリの空き容量が気になるところ。さらにポケベル入力の有無も確認した。

[田中聡(至楽社),ITmedia]
yo_w61s0a_02.jpgyo_w61s0c_02.jpg ソニー・エリクソン製の「Cyber-shotケータイ W61S」

質問:内蔵メモリの容量は?

 高画素カメラでたくさんの写真を撮るという使い方が想定されているため、ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製の「Cyber-shotケータイ W61S」。端末の内蔵メモリについて、どれくらい容量があるのかという質問が多数寄せられた。

 KDDIの公式スペックでは、Cyber-shotケータイ W61Sのデータフォルダ容量は約750Mバイト。内蔵メモリに保存できるデータ件数は最大5000件。ワンセグで録画した番組や、着うたフル、ビデオクリップ、CDから読み込んだ音楽ファイルも内蔵メモリに保存できる。

photophoto データフォルダの「サブメニュー」→「フォルダ使用状況」から、残り容量を確認でき

質問:ポケベル入力は可能か

 従来のソニー・エリクソン端末ではポケベル入力に対応していない機種があったが、Cyber-shotケータイ W61Sはポケベル入力に対応している。、文字入力画面で「サブメニュー」→「ユーザー設定」→「入力方式」→「2タッチ方式」から設定できる。

photophoto

質問:ICレコーダー機能は付いているか

 KCPを採用したの「W62S」はボイスレコーダー機能を搭載していたが、KCP+を採用したCyber-shotケータイ W61Sではボイスレコーダーは搭載されていない。

 その代わりに、簡易ボイスレコーダーとして使える「Myボイスメモ」機能が搭載されている。主に自分の声をメモ代わりに録るものだが、本体メモリーに最大16時間分を録音できる。

photophotophoto 「Myボイスメモ」のファイルの形式は「.qcp」。メールに添付できるほか、microSDカードにコピーすることも可能だ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.