速報
» 2008年06月04日 23時52分 UPDATE

ソフトバンクモバイルの2008年夏モデル、アクロディアの「VIVID UI」などを採用

[ITmedia]

 アクロディアは6月4日、ソフトバンクモバイルの2008年夏モデルに、同社が開発した携帯端末向けユーザーインタフェースプラットフォーム「VIVID UI」と、「VIVID Message」「VIVID Panorama」が搭載されたことを発表した。

 

 今回2008年夏モデルとして発表された823P、824P、921P、824SH、825SH、923SHは、VIVID UIの基礎技術を採用しており、ソフトバンクモバイルが提供する“きせかえアレンジ”、“S!おなじみ操作”に対応する。

 また824SH、825SH、923SH 、823T、824T、922Tは、アクロディアとメガチップスが共同開発したVIVID Messageを採用し、ソフトバンクモバイルのオリジナルサービス「デルモジ表示」に対応。824SH、825SH、923SHのカメラ機能にはアクロディアとモルフォが共同開発したVIVID Panoramaが搭載された。

 なおVIVID Messageは、NTTドコモのN906i、N906iμ、onefone(N906iL)に搭載され、アクロディアとエイタロウソフトが共同開発した「VIVID Avatar Maker」と、アクロディアとバンダイネットワークスの「X-FOREGE」が、iアプリの『アバターメーカー for N』、X-FORGE対応の3Dゲーム『アバター☆ボーリング』として、NTTドコモのN906iとN906iμに搭載された。

携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう