調査リポート
» 2008年06月16日 23時51分 UPDATE

携帯ユーザーの8割が「バッテリー交換機能は必要」──アイシェア調べ

アイシェアが「携帯電話の電池交換に関する意識調査」の結果を発表。多くのユーザーは「携帯のバッテリーは外せたほうがいい」と考えているようだ。なお同時に調査した「iPhone 3G」の購入意向は9パーセントと低めだった。

[ITmedia]

 アイシェアは6月16日、「携帯電話の電池交換に関する意識調査」の結果を発表した。調査は6月5日と6日の両日、アイシェアが提供する無料メール転送サービスCLUB BBQの会員を対象に行ったもので、有効回答数は402名。

 今回の調査によれば、携帯のバッテリー交換を行った経験のあるユーザーは47.5パーセントにのぼり、77.1パーセントは「携帯のバッテリーは外せたほうがいい」と回答した。「外せたほうがいい」派は、性別、世代別で見ても大勢を占め、バッテリー交換経験者では88.0パーセントと9割近くがその必要性を感じている様子だ。

Photo アイシェア調べ「携帯電話の電池交換に関する意識調査」から

 調査時でのiPhoneの購入意向はまだ低めで、91.0パーセントが「今は購入予定はない」と回答している。購入予定者は9パーセント、36名で、その半数近くがソフトバンクモバイルのユーザーだった。2007年7月の調査では、「利用中のキャリアでiPhoneが販売された場合」の購入意向は「是非購入(機種変更)したい」が9.6パーセント、「価格または様子をみて検討する」が62.2パーセントだったが、今回の結果では1年前に比べ購入意向が低下している。

携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう