ニュース
» 2008年06月23日 14時26分 UPDATE

ドコモ「定額データプラン」の許容通信範囲拡大──TCP 1024〜65535番解放

ドコモは定額データプランの許容通信範囲を拡大。トレーディングサイト/ツールや法人向けアプリの利用ニーズに沿い、TCP 1024〜65535番を6月24日から解放する。

[岩城俊介,ITmedia]

 ドコモは6月23日、PC向けデータ通信プラン「定額データプラン HIGH-SPEEDバリュー」「定額データプランHIGH-SPEED」「定額データプラン64Kバリュー」「定額データプラン64K」におけるTCPポート 1024〜65535番を解放すると発表した。実施は6月24日から。

 これにより、今まで許容されておらず、利用できなかった株価情報サイトやトレーディングツール、法人向けアプリケーション(リモートデスクトップなど)などが利用できるようになる。現定額データプランの契約ユーザーは申し込みの必要なしに実施日から利用できる。

定額データプランの利用可能な通信
カテゴリ 内容 主なアプリケーション/サイト例
メール メール送受信(添付ファイル含む) Outlook Express、Tunderbirdなど
インターネット閲覧 テキスト、静止画のインターネット閲覧 Internet Explorer、Firefoxなど 株価情報サイト、トレーディングツール
動画閲覧 Flash動画、プログレッシブダウンロード型動画の一部 YouTube、ニコニコ動画など
インターネットアップロード 画像ファイル(JPEG、GIFなど)、動画ファイル ブログ更新など
ブラウザによるファイルダウンロード(HTTP、HTTPS) 画像ファイル、音楽ファイルなど Napstarなど
VPN通信 IP-SEC(ESP/AH)、PPTP、SSL-VPN
FTP Webサイトへのアップロード時におけるFTP利用など ホームページビルダー、FTP、NEXTFTPなど
その他 アンチウィルスソフトのアップデート(ノートン、ウイルスバスターなど)、Windows Update、RSSリーダー、リモートデスクトップ、企業向けアプリなど
※赤字は今回の範囲拡大で対応

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.