調査リポート
» 2008年06月25日 07時00分 UPDATE

若者は赤外線、40代は着信で登録――ケータイのアドレス交換

アイシェアがケータイ番号の交換方法に関する意識調査の結果を発表。電話番号の登録は、「相手からの着信で登録」が半数以上を占め、赤外線通信の利用は20%にとどまった。年代が上がるほど相手からの着信、受信で登録する割合が高くなっている。

[ITmedia]

 アイシェアは6月24日、「番号交換方法に関する意識調査」の結果を発表した。調査は6月11日から13日まで、同社の無料メール転送サービスCLUB BBQの会員を対象に実施したもので、有効回答数は433人。

 同調査によれば、携帯電話番号の登録方法は「相手からの着信で登録」が59.4%で最多。「赤外線通信」は20.3%となったが、男女別では女性が23.6%、男性が17.4%と女性の方が利用率が高かった。他方で、女性では「その場で書いて電話帳に直接登録」というアナログな方法を利用する人も1割を超えた。

 携帯メールアドレスの登録方法は、「相手からのメール受信で登録」が57.7%、「赤外線通信」が26.8%。赤外線通信は女性29.6%、男性24.3%と、やはり女性の方が多く利用しているが、他には大きな男女差は見られなかったという。

sa_rp01.jpgPhoto

 携帯電話、携帯メールアドレスの登録方法を年代別に見ると、年代が高くなるほど相手からの着信、受信で登録する割合が高く、若い年代では赤外線通信を利用する比率が高い。携帯電話番号は、40代の71.8%が着信で登録し、赤外線通信は12.8%にとどまった。20代では着信登録が47.8%、赤外線通信が32.8%。携帯メールアドレスでは、30代、40代では半数以上が受信で登録しているのに対し、20代では赤外線通信登録が47.8%と最も多く、受信登録の41.8%を上回っていた。

 誕生日や住所などのプロフィール登録については、誕生日を「ほぼ全員登録している」人は1.2%、「友人や恋人など、親しい人のみ登録している」人が13.9%、「一部登録している」人が36.3%で、半数近くが「一人も登録していない」と回答した。20代では「一人も登録していない」は40.3%と低く、22.4%が「友人や恋人など、親しい人のみ登録している」と答えた。住所については「一人も登録していない」が47.6%とやはり半数近くにのぼり、大きな年代差は見られなかったが、男性で「ほぼ全員登録している」というユーザーも3.5%存在した。

関連キーワード

メールアドレス | 携帯電話 | 男女差


携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.