ニュース
» 2008年07月04日 19時58分 UPDATE

携帯販売ランキング(6月23日〜6月29日):ハイエンド新機種か安価な旧機種か──キャリア別に見る売れ筋傾向 (1/3)

7月に入り、auやソフトバンクモバイルも新機種が続々登場。携帯夏商戦はいよいよ“熱く”なってくる。新機種発売で先行したドコモに対し、これから新機種が続々登場するauとソフトバンク端末の売れ筋はどう変化するか。早速今回の携帯販売ランキングを見ていこう。

[岩城俊介,ITmedia]
順位キャリア総合
1(1)P906i(NTTドコモ)
2(2)N906iμ(NTTドコモ)
3(3)SH906i(NTTドコモ)
4(4)W61CA(au)
5(7)Woooケータイ W53H(au)
6(8)F906i(NTTドコモ)
7(6)820P(ソフトバンクモバイル)
8(9)W61P(au)
9(10)AQUOSケータイ W61SH(au)
10(12)SH906iTV(NTTドコモ)
順位NTTドコモau(KDDI)ソフトバンクモバイルイー・モバイル
1(1)P906i(1)W61CA(1)820P(1)D02HW
2(2)N906iμ(2)Woooケータイ
W53H
(2)812SH(3)H11T
3(3)SH906i(3)W61P(3)814T(2)D02NE
4(5)F906i(4)AQUOSケータイ
W61SH
(5)920P(4)D03HW
5(6)SH906iTV(5)W61SA(4)GENT 812SH sII(5)H11HW
6(10)F706i(8)W61T(14)821SC(6)D01NXII
7(4)N906i(6)Cyber-shotケータイ
W61S
(6)FULLFACE 2 921SH(7)EMONSTER
8(8)N705i(7)簡単ケータイ A5528K(11)921T(8)EM・ONEα
9(7)らくらくホンIVS(9)W62S(10)821T(9)D01NX
10(12)P705iμ(11)W61H(7)821SH(11)EM・ONE

この記事は、マーケティング会社GfK Japan調べによる全国の家電量販店のPOSデータを集計し、モデル別のランキングで紹介しています。(2008年6月第5週)

906iシリーズは依然好調──F706iも6位へ躍進

Photo P906i

 ドコモ端末は2008年夏モデル「906iシリーズ」が依然好調に売れている。

 首位はパナソニック モバイルコミュニケーションズ製の「P906i」が今回も獲得。発売以来、連続首位記録を「5」に伸ばした。

 続いて2位にNEC製の「N906iμ」、3位にシャープ製の「SH906i」、4位に富士通製の「F906i」(前回5位)、5位にシャープ製の「AQUOSケータイ SH906iTV」(前回6位)がランクイン。1位から3位は前回と変わらず、F906iとSH906iTVがそれぞれ1つずつ順位を上げた。この5機種はキャリア総合ランキングにも入っている。

 このほか今回は、「706iシリーズ」の第1弾として登場した富士通製の“お風呂ワンセグ”「F706i」が前回の10位から6位に躍進した。販売店によると、スリムなボディと防水性能を備えるワンセグ端末として、指名買いのほかに“一目惚れ買い”も多いという。

 706iシリーズは7月に入って続々と登場してくる。7月1日発売の「N706i」を皮切りに、4日に「SO706i」、11日に「SH706i」が発売される。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう