ニュース
» 2008年08月15日 18時22分 UPDATE

携帯販売ランキング(8月4日〜8月10日):auは夏モデル「W62SH」が初の首位──秋の“らくらく”系需要もそろそろ (1/3)

8月に入り、夏商戦でにぎわった携帯販売状況はやや落ち着いてきた。ただ、各キャリアとも発売を控える夏モデルがいくつか残っており、これら機種による変動も期待できる。また、秋冬モデル前の小商戦となる9月の“敬老の日”向け需要もじわじわ高まってきている。

[岩城俊介,ITmedia]
順位キャリア総合
1(1)P906i(NTTドコモ)
2(3)SH906i(NTTドコモ)
3(2)N906iμ(NTTドコモ)
4(5)W62SH(au)
5(4)W61CA(au)
6(6)iPhone 3G 16Gバイトモデル(ソフトバンクモバイル)
7(7)N706i(NTTドコモ)
8(9)P706iμ(NTTドコモ)
9(10)AQUOSケータイ W61SH(au)
10(8)W61P(au)
順位NTTドコモau(KDDI)ソフトバンクモバイルイー・モバイル
1(1)P906i(2)W62SH(1)iPhone 3G(16Gバイト)(1)D02HW
2(3)SH906i(1)W61CA(2)AQUOSケータイ
923SH
(2)D03HW
3(2)N906iμ(4)AQUOSケータイ
W61SH
(3)THE PREMIUM WATERPROOF
824SH Elegant Line
(6)D11LC
4(4)N706i(3)W61P(10)THE PREMIUM WATERPROOF
824SH Active Line
(3)D02NE
5(5)P706iμ(5)G'zOne
W62CA
(4)820P(4)H11T
6(6)SH706i(6)W64SA(7)iPhone 3G(8Gバイト)(5)H11HW
7(7)F706i(7)W61SA(6)821SC(8)EMONSTER lite
8(8)F906i(13)W62S(5)812SH(7)EMONSTER
9(24)らくらくホンV(11)簡単ケータイ
A5528K
(8)821T(9)D01NXII
10(11)SO706i(8)W61T(9)921T(10)EM・ONEα

この記事は、マーケティング会社GfK Japan調べによる全国の家電量販店のPOSデータを集計し、モデル別のランキングで紹介しています。(2008年8月第2週)

「らくらくホンV」が初ランクイン、登場2週目で9位に

Photo P906i

 ドコモ端末のランキングは、携帯夏商戦が落ち着いてきたためか大きな変動はなかった。

 首位はパナソニック モバイルコミュニケーションズ製の「P906i」が今回も獲得。連続首位記録を「11」に伸ばし、いまだ人気は衰えない。

 続いて2位にシャープ製の「SH906i」(前回3位)、3位にNEC製の「N906iμ」(前回2位)、4位にNEC製の「N706i」、5位にパナソニック モバイル製の「P706iμ」が入った。上位では2位のSH906iと3位のN906iμの順位が入れ替わった。

 今回は、8月1日に発売された富士通製のユニバーサル端末「らくらくホンV」がランクイン。登場2週目で前回ランク圏外(24位)から9位に上がってきた。販売店では、新機種の登場で前モデルの「らくらくホンIVS」(割賦販売対象端末)がやや安価に販売されるが、向上した“使いやすさ”の機能とともに、割賦販売は大きな価格差を感じにくいことなどの理由で、売れ筋はらくらくホンVへ移ったようだ。

 このほか、基本機能やデザイン性は損ねずに“使いやすさ”追求した、らくらくホンシリーズとは異なる層をターゲットにする「706ieシリーズ」も続々登場する。NEC製の「N706ie」とパナソニック モバイル製の「P706ie」が8月15日、シャープ製の「SH706ie」が19日に発売される。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう