レビュー
» 2008年08月18日 14時02分 UPDATE

「F906i」ロードテスト:第2回 歩数計で“厳しい現実”を思い知る

「F906i」はモーションセンサーを利用した“歩数計”機能を搭載している。1日の歩数に応じた消費カロリーや脂肪燃焼量が表示されるのだが、会社の行き帰りしか歩かなかった日の消費カロリーの少なさには驚かされる。

[後藤祥子,ITmedia]

 ロードテストの初回で触れたように、「F906i」は自分のニーズに合わせて柔軟にカスタマイズできるところが楽しい。この端末を手にした日は、それが面白くてうっかり明け方までいじり倒してしまった。

 各種設定時に合わせてセットしておきたいのが“歩数計”機能の詳細。歩数計機能自体は初期状態でオンになっているが、歩幅や体重を設定すれば、さらに精度が上がるようだ。これは「メニュー」→「ライフキット」→「ウォーキングチェッカー」→「ウォーキングチェッカー設定」で設定できる。

sa_fr01.jpgsa_fr02.jpgPhoto 端末内機能の「ウォーキングチェッカー」。チェックできるのは「歩数履歴」「歩行距離」「消費カロリー」「脂肪燃焼量」「いきいき歩数」「いきいき歩行時間」の6項目で、過去32日分のデータを確認できる。いきいき歩数は、毎分60歩以上のペースで連続3分以上歩いた場合に計測を開始する値で、有酸素運動の目安になる

sa_fr04.jpgsa_fr05.jpgPhoto このように履歴が表示される

 歩数データは端末内の機能でも確認できるが、iアプリのウォーキングチェッカーを使えば、履歴をグラフでチェックできるなど直感的に情報を確認できる。

 これを使い始めて分かったのが、会社の行き帰り以外に特に出歩かなかった場合、私の1日の歩数は6000歩から7000歩くらいだということ。この場合の消費カロリーはわずか181kcalで、脂肪燃焼量はたった25グラム。おにぎり1つ分くらいのカロリーしか消費されないことになる。もちろん人には基礎代謝があるので、消費したカロリーがこれだけということはないが、目安として見てもこの少なさは驚きだ。「食事を減らしても、なかなか痩せないわけだ……」と、厳しい現実を思い知らされてしまった。

sa_fr07.jpgsa_fr08.jpgPhoto iアプリ版のウォーキングチェッカー。こちらは当日と過去31日分の歩数履歴を確認できる。グラフは「歩行履歴」と「消費カロリー履歴」が用意される

待受画面で、サブディスプレイで確認できる歩数情報

 その日に歩いた歩数やトータルの歩数は、待受画面やサブディスプレイでチェックできる。サブディスプレイで確認したいなら、端末左側面のプッシュトークキーを2回押せばいい。

Photo サブディスプレイで当日の歩数と歩行距離をチェックできる

 待受画面はプリセット待受画面の「ホワイト」「ミラーブラック」「ミラーレッド」「ウォーキング×フラワー」が歩数の表示に対応。ウォーキングフラワーは、トータルの歩数に合わせて画面上の植物が成長するしかけがユニークだ。また、“F”端末でおなじみのスペシャルモードで表示されるコンテンツ「カロリー」を待受画面に設定すると、その日に消費したカロリーと基礎代謝に応じた食事のメニューをレコメンドしてくれる。

sa_fr11.jpgsa_fr12.jpgPhoto 左から「ホワイト」「ミラーレッド」「ブラック」の待受画面。いずれも当日の歩数が表示される

sa_fr14.jpgPhoto 左が「ウォーキング×フラワー」、右が「ゴールド」の待受画面。ウォーキング×フラワーはこれまでのトータルの歩数が表示され、歩数に合わせて画面上の植物が成長する

sa_fr18.jpgsa_fr16.jpgPhoto スペシャルモードで表示される待受画面では、消費カロリーに応じた食事のメニューをレコメンドする

 ほかにも、富士通が歩数計と連動したサービスを提供しており、これもなかなか面白い。メールで自動送信した歩行距離で、「東海道五十三次」「富士登山」「秩父札所めぐり」「熊野古道」「おくのほそ道」「四国八十八カ所」といった仮想コースを歩くというもので、歩いた距離に応じて報奨メールが届き、さまざまな特典画像を閲覧できる。こうしたサービスを励みに、ウォーキングするのもよさそうだ。ちなみに筆者は、「おくのほそ道」にするか「富士登山」にするかで迷っている。

sa_fr24.jpgsa_fr25.jpgPhoto 迷った末に、いつの日かチャレンジしたいと思っている「富士登山」を選んだ。通過地点に到達すると報奨メールが届き、風景写真を閲覧できるなど、バーチャル登山気分を味わえる

勝手にカーソルが動き出す……。こんな時には

 ところでF906iの設定中、たびたび“十字キーに触れていないのにメニューがスクロールする”という現象に見舞われた。これは、カーソルキーとして動作する指紋センサーの仕業で、操作中に指が触れたりすると機能してしまう。持ち方や慣れの問題かもしれないが、この機能を煩わしく感じるのであれば、設定を変えるといいだろう。なお、この機能は初期状態でオンになっているが、個人的には使う人がオンに設定した方がいいのではと思った。

sa_fr19.jpgsa_fr20.jpgPhoto カーソルキーや決定キーの役割も兼ねる指紋センサーは底面に装備(左)。操作中にこのように指が触れると、カーソルが動き出してしまう(中)。この機能はオフに設定できる(右)

 設定は「メニュー」→「スイング/時計/入力/他」→「フィンガーポインター設定」で変更可能。一切使わないのであれば「無効」を、フルブラウザとiアプリ利用時のみ使うのであれば「フルブラウザ/iアプリ有効」を選べばいい。

sa_fr22.jpgPhoto 余談だが、F906iにはストラップホールが2カ所ある。1つは端末の左上、もう1つは端末先端部の充電端子付近だ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう