調査リポート
» 2008年08月19日 11時31分 UPDATE

マナーモードにする場所、映画館・電車やバスが約8割、病院は6割にとどまる

アイシェアが携帯のマナーモードに関する意識調査の結果を発表。マナーモードに設定するのは「場所に応じて」という回答が約6割となり、マナーモードに設定する場所は映画館・電車やバスが約8割に達した半面、病院は6割にとどまった。

[ITmedia]

 アイシェアは8月13日、携帯電話マナーに関する意識調査の結果を発表した。調査は同社の無料メール転送サービスCLUB BBQの会員を対象に、7月29日から同31日まで実施したもので、有効回答数は413名。

 同調査によれば、「マナーモード設定」を行うのは「場所に応じて」という回答が59.3%で最多。「常に設定」が36.3%、「常に設定しない」が4.4%だった。性別、年代別に見ると、「場所に応じて」は男性の55%に対して女性63.9%、20代の57.1%に対しては40代が66.4%となり、男性よりも女性が、また年代が上がるほど、こまめに設定を変えている様子がうかがえた。また「常に設定」は20代で4割を超えたが、40代では3割に満たなかった。

 「場所に応じてマナーモードに設定」と答えた人に「当てはまる場所」を複数回答形式で聞いたところ、多い順から「映画館」が78.8%、「電車やバスの中」が76.3%、「美術館や図書館」が75.9%、「コンサートホールや劇場」が72.7%、「病院」が62%と続いた。2006年に行った同内容の調査と比較すると「病院」を挙げる人が多くなっており、順位では7位から5位に、ポイントでは18.5上昇した。また「映画館」が7.5ポイント、「コンサートホールや劇場」が5.2ポイント上昇しており、会場などでアナウンスされる携帯電話のマナーや使用に関するルールが、常識として浸透しつつあるようだという。なお「仕事中」の設定については、2年前よりも12.3ポイント減少している。

 さらに「場所によって電源を切ることはあるか」という質問に対する回答は、「病院」が61.5%、「飛行機」が59.1%、「映画館」が36.8%、「コンサートホールや劇場」が33.9%、「美術館や図書館」が14%という順番。前回調査でも「病院」がトップだったが、ポイントの上では今回7.7の減少となった。反対に「映画館」は8.1ポイント上昇している。

携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう