ニュース
» 2008年08月19日 16時43分 UPDATE

iPhone 3G、2度目のソフトアップデート──バージョンは2.0.2に

アップルは8月19日、「iPhone 3G」用の最新ソフトウェアを公開した。バージョンは2.0.2で、モデムのファームウェアはメジャーバージョンが上がった。

[園部修,ITmedia]

 アップルは8月19日、「iPhone 3G」用の最新ファームウェア、バージョン「2.0.2」を公開した。

 アップルは、具体的な変更内容を公表していないが、8月5日に公開された2.0.1へのバージョンアップに続いて、モデムのファームウェアのバージョンも上がっており、通信関連の機能に手が入れられていることは間違いなさそうだ。しかも今回は1.48.02から2.08.01へと、メジャーバージョンが上がっている。

 一部では、「AppleがiPhone 3Gで通話が切れる問題を修正するソフトを開発している」といった報道があったほか、その「着信不良やネット接続の不安定さの原因は独Infineon製のベースバンドチップが原因」だという観測もある。今回のバージョンアップでそれらの点が修正されているのかどうかは不明だが、モデムファームウェアのバージョンが大幅に上がっているのは気になるところだ。

PhotoPhoto バージョンアップを行うと、バージョン表記が2.0.2(5C1)に変わる
PhotoPhoto モデムファームウェアはメジャーバージョンが2に上がり、2.08.01になった

 なおバージョンアップが必要な場合は、iTunesとiPhone 3Gを同期させたときに告知が表示されるので、必要に応じてアップデートをするかどうか選べばいい。告知が出ない場合は、「更新ファイルを確認」ボタンを押すことで最新バージョンの有無を確認できる。バージョンアップ作業中は着信はできないため、音声通話は留守番電話センターに転送される。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.