速報
» 2008年10月20日 23時55分 UPDATE

ACCESS、「ACCESS Linux Platform v3.0」「ACCESS LinuxPlatform mini」を発表

[ITmedia]

 ACCESSは10月20日、モバイルLinuxプラットフォームの最新版として「ACCESS Linux Platform v3.0」および「ACCESS LinuxPlatform mini」を発表した。

 ACCESS Linux Platform v3.0は、LiMo Foundationの仕様をサポートする携帯電話向け統合ソフトウェアプラットフォームの最新版。端末に通信キャリアの独自サービスを付加するオペレータパックに対応する。同社は開発者向けサイト“ACCESS Developer Network”を通じて無償で開発キットを提供しており、今後はACCESS Linux Platform v3.0対応の開発キットを公開することで、サードパーティのアプリ開発を支援する。

 Linuxソリューションの最新版として同時発表したACCESS Linux Platform miniは、限られたハードウェア環境の携帯端末や情報家電向けに設計された、コンパクトなLinuxプラットフォーム。ローエンドのスマートフォンからPND、ポータブルメディアプレイヤー、セットトップボックスなどの、さまざまな機器に幅広く対応するアプリケーションを装備する。すでに中国や台湾などで出荷されているHaierやShanghai Novarobo Technologyなどのメーカーが、同プラットフォームを採用しているという。

 ACCESSはまた、同社が展開しているグローバルパートナープログラム『ACCESS Connect Ecosystem』に、新たに10社が加入したことも発表。新たに参加したのは、CRI・ミドルウェア、DigiCert、Discretix Technologies、フェリカネットワークス、Freescale Semiconductor、Shanghai Novarobo Technology、Abaxia、CIDANA、Kingsoft、Leadcore Technologyの10社となる。

携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう