ニュース
» 2008年10月30日 15時33分 UPDATE

「日本のiPhoneユーザーのために妥協しない」 ワンセグ&絵文字に対応

「3つまとめて解決した」──iPhoneでワンセグ視聴が可能になる外付けバッテリーをソフトバンクが発表。Appleを説得し、弱点と言われてきた絵文字の読み書きにも対応する予定だ。ゲームアプリにはスクエニが参入。

[ITmedia]
画像 Wi-FiでiPhoneにワンセグデータを送信

 ソフトバンクモバイルは10月30日、「iPhone 3G」でワンセグ視聴が可能になる外付けの充電用バッテリーパック「TV&バッテリー」を12月中旬以降に発売すると発表した。同社の孫正義社長は「世界で唯一、日本のiPhoneはワンセグが見られる。日本のユーザーために、ソフトバンクは妥協しない」と胸を張る。

 充電用のバッテリーパックに、ワンセグチューナーとアンテナを搭載。iPhoneとUSBで接続すれば電力供給が可能。また、Wi-Fi経由でワンセグデータを送信し、iPhone上でワンセグ放送を視聴できるようにする。


画像 iPhoneに有線接続すれば、充電用のバッテリーパックに

 「App Store」で配布する無料アプリケーションをインストールして利用する。ワンセグの連続視聴時間は約3時間。サイズは約50(幅)×85(高さ)×16(厚さ)ミリ。価格は未定。

 年内にiPhoneで絵文字の読み書きに対応することも発表した。既存ユーザーでもバージョンアップで利用できるようになる。孫正義社長は「ガラパゴスなどとも言われるが、Appleに一生懸命伝えた。日本では絵文字がないとメールじゃない、と」

 駆動時間やワンセグの非対応、絵文字はiPhoneに対する国内ユーザーの不満点として挙げられてきた。孫社長は「これらを3つまとめて解決する」と話している。

 また、iPhoneユーザー向けに、公衆無線LANサービス「BBモバイルポイント」(ソフトバンクテレコムが全国約3500カ所で提供)を11月4日から、無料で利用できるようにする。

photophoto

 iPhone向けアプリにも力を入れ、国内ユーザーを意識してゲームアプリを拡充。スクウェア・エニックスが「クリスタル・ディフェンダーズ」で参入するほか、セガ、ハドソンなどがソフトを投入する。

photophoto

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.