レビュー
» 2008年10月31日 05時10分 UPDATE

写真で解説する「930SC OMNIA」 (1/5)

「930SC OMNIA」は、海外版OMNIAの外観イメージやタッチパネル、タッチUI「TouchWiz UI」、5Mカメラといった特徴をそのままに、Yahoo!ケータイや着うたフル、そしてワンセグまで対応する“ハイエンドケータイ”に仕上がっていた。

[岩城俊介,ITmedia]

 あ、かなりしっかり“ケータイ”している──。Samsung電子製のハイエンドモデル「930SC OMNIA」は、グローバルモデルの「OMNIA(SGH-i900)」の薄型ストレートボディやタッチパネルUI、ウィジェット待受機能、ハイエンドクラスのカメラといった特徴をそのままに、搭載OSを変更し、ワンセグやMMS、絵文字機能、Yahoo!ケータイなど、ソフトバンクモバイルのサービスや日本独特の機能を新たに備える、“日本市場向け”にカスタマイズされた日本オリジナルモデル。少し触れただけで冒頭のように思えるほど、違和感なく使えそうな“ケータイ”だった。

photophoto Samsung電子製の「930SC OMNIA」。カラーはレッド、ホワイト、ブラックの3色。落ち着いた半ツヤ消し調の塗装が印象がよい。ただし、表面はてかてかで周囲の光をかなりしっかりと“反射”する。もし930SC OMNIAを購入したならば、真っ先にノングレア系フィルムを購入する。日中の太陽光下や光が差す窓際など特に明るい環境だと本機の液晶は少し見にくいかもしれない

Get Macromedia FLASH PLAYER 「930SC OMNIA」の外観。厚さは13ミリとかなり薄い。515万画素AFとかなりハイスペックなカメラを搭載するにも関わらず裏面の出っ張りなどもない

(このムービーをご利用いただくにはFLASHプラグイン(バージョン8以上)が必要です。ムービーはこちらからでも参照できます)

 OMNIAで最も特徴的なのが、ボディ前面の多くを占める大型タッチパネルディスプレイとSamsung電子独自のタッチUI「TouchWiz UI」。これにより、指やスタイラスペンで端末の機能を直感的に触れて操作できる。930SC OMNIAのタッチパネルはニンテンドーDSなどと同じ感圧式を採用するので、指先以外にスタイラスペンや爪、あるいはよくあるペンの先などでも操作できるようになっている。タッチ操作するとブルッと震えて知らせる「フィードバックバイブレーション機能」も備えるので、初めてタッチパネルケータイを使用するユーザーも気軽に扱えることだろう。

 ボディは厚さ13ミリの薄型ストレート型、その周囲にメッキパーツがあしらわれる。表面下部に発話キー、キャンセルキー、終話キーと3つのハードウェアキーを搭載する。その機能と操作性はよくあるケータイと同じ感覚。機能を有無なく終了して待受画面に戻りたいときは「終話」キー、1つ戻りたいときなどは「クリア」キーといった感じで操作できる。ちなみに海外版OMNIAは、クリアキーがある場所にシャープ端末の光TOUCH CRUISERのような光センサー式のマウス操作デバイスを備えていたが、930SC OMNIAは省かれたようだ。

 カラーラインアップはブラック、ホワイト、レッドの計3色で展開する。真表面から見ると分からないが、裏返すとカラー別に雰囲気ががらりと変わる。特にブラックとレッドは半ツヤ消しの塗装であり、指紋の付着が目立ちにくいのは印象がよい。バッテリーカバーは裏面全体を上にずらすと外れる。microSDスロットはこのバッテリーカバーを外してアクセスする仕様となっている。

photophoto 本体右側面に、Samsung電子製端末では珍しい3G標準(ソフトバンク携帯の標準充電器が使える)仕様の充電/通信端子。赤外線ポートと930SCのロゴ(左)。本体右側面はカメラ/シャッターキー(半押し対応)、TVキー、上下キー、マナーキーがある(右)
photophoto 本体正面にワンセグ用ロッドアンテナ、ホールドキー、平型イヤフォン端子(左)。底面左側にストラップホール、右端付近にマイクの穴がある
photophoto ホールドキーを押すと操作ロックとともに画面も消える。ホールドキーの長押しで解除となる(左)。表面の下部が微妙にくぃっと盛り上がっている。操作性向上のためのデザインかと思われる(右)
photophoto バッテリーカバーを外すと、バッテリー、SIMカードスロット、microSDスロットが現れる(左)。バッテリーは3.7V/1100mAhとかなり大容量。連続通話最大250分(3G時)、連続待受最大400時間(3G時)、連続ワンセグ視聴約3時間を実現する(右)
photophoto 930SC OMNIAとiPhone 3G(Airジャケット ラバーコーティングブラックを装着。すみません、取り外すのを忘れていました)と比較。930SC OMNIAはやや細身。裏面はどちらもシンプルだが、930SC OMNIAのカメラが少し存在感がある。ちなみに単純なスペックとしては断然上だ

Get Macromedia FLASH PLAYER 「930SC OMNIA」機能紹介デモムービー

(このムービーをご利用いただくにはFLASHプラグイン(バージョン8以上)が必要です。ムービーはこちらからでも参照できます)

       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.