ニュース
» 2008年10月31日 19時30分 UPDATE

ソフトバンクモバイル、Yahoo!ケータイトップページを有料化

ソフトバンクモバイルは2009年2月1日から、ポータルサイト「Yahoo!ケータイ」のパケット通信料を有料にすると発表した。これに合わせて、現在提供している情報料無料サービスをさらに拡充する。

[ITmedia]

 ソフトバンクモバイルは10月31日、ソフトバンクケータイ向けのポータルサイト「Yahoo!ケータイ」トップページのパケット通信料を、2009年2月1日から有料にすると発表した。料金は、1パケットあたり0.21円(契約プランにより異なる。定額サービス「パケットし放題」に加入している場合は、1パケットあたり0.084円)。Yahoo!きっずなどのトップページも有料になる。

 Yahoo!ケータイのトップページは、同社の携帯電話に用意されている「Y!」ボタンを押すと簡単にアクセスできるようになっており、現在はパケット通信料無料で提供しているが、2009年2月1日をめどに、情報料無料で提供している「タダ歌ばん」「タダゲーム」「タダコミ」「タダデコ」「タダ本」「タダメロディ」などのサービスをさらに充実させ、Yahoo!JAPANで提供している無料サービスとの連携を強化するのに合わせ、通信料を有料化する。

 有料化後は、ページを読み込むたびに料金が発生するため、例えばYahoo!ケータイのトップページを表示した状態でAQUOSケータイのサイクロイドディスプレイを回転させたり、モーションセンサー搭載端末の向きを変えたりすると、その都度課金されることになる。1ページあたりの容量は、端末の画面解像度や表示されるコンテンツにより変わるうえ、料金プランによってパケット通信料の単価が変わるため、一概に1回いくらということはできないが、パケット通信料の定額制サービスを利用していないユーザーには気になる変更となる。

 NTTドコモのiメニュートップページやauのau oneトップページは、現在パケット通信料は無料で提供されている。Yahoo!ケータイは、Yahoo!JAPANが配信しているニュース記事や携帯電話向けの各種サービスなどに簡単にアクセスできるなど、ポータルサイトとしての機能は他社のトップページよりも豊富。パケット通信料だけでダウンロードできる、情報料無料のコンテンツを多数用意することで、ユーザーの理解を得たい考えだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.