調査リポート
» 2008年11月05日 07時00分 UPDATE

シニア層の4割が毎日通話、5割超が毎日メールを利用

アイシェアがシニア層の携帯利用に関する調査結果を発表。50代以上の携帯電話の所持率は約9割に達し、通話やメールの利用頻度も高い。

[ITmedia]

 アイシェアは11月4日、シニア層の携帯利用頻度に関する調査結果を発表した。調査は10月20日から同22日まで、同社の無料メール転送サービスCLUB BBQの会員のうち50代以上の男女を対象に行ったもので、有効回答数は267人。

 同調査によれば、回答者の携帯電話所持率は全体の89.1%。すべての性別、年代で8割を超え、特に男性と50代では9割にのぼった。携帯電話の所持者に契約動機を聞いたところ、「自分の意思で」が87.4%を占め、女性よりも男性、年代別では若いほどその傾向が強かった。なお「家族のすすめで」は10.5%、「会社からの支給」は1.7%にとどまった。料金の支払いも全体の80.7%が「自分」と回答。性別、年代別ともに契約動機と同様の傾向が見られた。

 また「携帯電話を常に持ち歩いているか」という質問には、所持者の92.9%が持ち歩いていると回答しており、通話利用頻度は「毎日」が42.4%、「2日に1回ほど」が14.3%。「週2回ほど」「週1回ほど」まで合わせた週1回以上の利用者は82.4%となった。メールも「毎日」が55.0%、「2日に1回ほど」が15.1%で、「週2回ほど」「週1回ほど」を合わせると週1回以上利用している人は82.8%にのぼるなど、積極的に使いこなしている様子がうかがえる。

 携帯電話所持者に「携帯電話は便利だと思うか」と聞いたところ、「非常に便利だと思う」が62.6%、「まあまあ便利だと思う」が32.4%で、合わせて9割が便利と評価している。

携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.