連載
» 2008年11月24日 13時00分 UPDATE

松村太郎のiPhone生活:ユーティリティ:第14回 時を告げるiPhoneに覚える興奮──「Orb Clock」

今回は「Orb Clock」をご紹介したい。App Storeから230円でダウンロード可能だ。このアプリは、名前のとおり時計のアプリ。時計というとどうしても実際に存在する針刺しのアナログ時計や数字で表示するデジタル時計をイメージするし、数あるiPhoneの時計アプリもそれに準ずるのだが、このOrb Clockは違う。

[松村太郎,ITmedia]
Photo 針ではなく穴で時間を表示する、何とも不思議な時計「Orb Clock」

 「Orb Clock」を起動すると、“穴”によって時間が表示される。大きな穴は短針と同じ「時」を示し、中くらいの穴は長針と同じ「分」を表す。最も外側を回る小さな穴は秒針だ。それ以外に、2つないし3つの穴が、金属のようにも見える板の上を移動する。そして穴が別の穴に近づくと、形を変えて穴が融合し、また離れていく。

 僕は寝しなに枕元のiPod対応ラジオクロックにiPhoneを置いて充電し始めるのだが、そのタイミングでOrb Clockを起動する。そしてしばらくその穴の動きを眺めながら、リラックスして眠りに就くのが最近の日課となっている。

 あまり見続けていると、穴が移動して融合して離れる、という物理的にはなかなか起こらない表現に興奮を覚えるので、ほどほどにする必要がある。ちなみに、Orb Clock起動中は、iPhoneはスリープにならないので、ずっと時計として利用できる。

 このアプリを開発したHMDTは、この連載でも紹介した「駅探エクスプレス」、Macのテンキーになるアプリ「NumberKey」、ハドソンの「Catch The Egg」などのアプリ実装を手がけた実績があり、Orb ClockはHMDTブランドとしては初めてのアプリである。

 HMDTの木下誠氏は、Orb Clock開発の経緯をこう語った。

 「アイディアはiPhoneが登場したときからありました。時計は針で時間を表してきました。でもコンピュータのディスプレイは、それにとらわれる必要はありません。だったら穴を動かしてみよう、という発想です。周期的な動きをしながら、カオティックに変化する形状。くっついたり離れたりという穴の動きは、その都度計算をしています。なめらかに動かすチューニングに苦労しました」(木下氏)

 HMDTの強みはMacのプログラム開発から培ってきたユーザーインタフェースの開発と実装。iPhoneでもそのノウハウを簡単に持ち込むことが出来たそうだ。そしてデザイナー・オリエンテッドなグラフィック プログラミングの手法を生かして作られたOrb Clock。見続けるとなんだか楽しくなってきてしまう源泉は、この手法にあった。

 「プログラマが『できない』というと、デザイナーの発想はそこで全て止まります。せっかく物理的な制限がないiPhoneなのだから、自由に発想すべきで、デザイナーは技術的な制約を考えるべきではありません。技術で解決するところに新しいチャレンジがあり、SDKによって80%のポテンシャルを引き出せるようになったiPhoneアプリの面白い部分だと思います」(木下氏)

 木下氏は一連の作業を「テクニカルなトライアウト」と表現する。HMDTはまだまださまざまなアプリを世に送り出そうとしている。もしかしたら、次はあなたのわがままをかなえてくれるかもしれない。

プロフィール:松村太郎

Photo

東京、渋谷に生まれ、現在も東京で生活をしているジャーナル・コラムニスト、クリエイティブ・プランナー、DJ(クラブ、MC)。慶應義塾大学SFC研究所上席所員(訪問)。1997年頃より、コンピュータがある生活、ネットワーク、メディアなどを含む情報技術に興味を持つ。これらを研究するため、慶應義塾大学環境情報学部卒業、慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科修士課程修了。大学・大学院時代から通じて、小檜山賢二研究室にて、ライフスタイルとパーソナルメディア(ウェブ/モバイル)の関係性について追求している。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.