ニュース
» 2008年11月26日 08時30分 UPDATE

GoogleカレンダーがOutlook、BlackBerryなどと同期可能に

Googleカレンダーが、Outlookを含むさまざまなほかのカレンダーと同期できるようになった。

[ITmedia]

 米Googleは11月25日、Googleカレンダーでの情報共有プロトコルCalDAVのサポートを強化したと発表した。

 Googleカレンダーは既にCalDAVに対応しているが、同期が可能なCalDAVクライアントはこれまでApple iCalのみだった。今回の機能強化で、iCalに加え、MozillaのSunbird、Microsoft Outlook(バージョン2003と2007、OSはXPとVistaのみ)、BlackBerry、Androidにも対応可能になった。

 Outlookと同期させるにはサイトから専用ソフトをダウンロードする必要がある。同期の頻度や方向を自分で設定できる。

 BlackBerryの場合はデバイスからm.google.com/syncにアクセスすることで同期が可能になる。圏外にいてもGoogleカレンダーを表示したり、アラート機能を使うことができる。

 Android携帯では、プリインストールされているカレンダーで同期ができる。Googleカレンダーに追加した変更は、ネット経由でAndroid携帯のカレンダーにプッシュされる。

関連キーワード

Googleカレンダー | Outlook | Android | BlackBerry | iCal | Mozilla


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.