調査リポート
» 2008年11月28日 07時00分 UPDATE

8割が“ケータイは汚いと思う”ものの“定期的に掃除”は少数派

アイシェアが、携帯電話の衛生面に関する調査結果を発表。8割が自分の携帯電話を「汚い」と感じているものの、定期的に掃除するという回答は1割弱にとどまった。

[ITmedia]

 アイシェアは11月27日、「携帯電話の衛生面に関する意識調査」の結果を発表した。調査は11月10日から同12日まで、同社が運営する無料メール転送サービスCLUB BBQの会員を対象に行ったもので、有効回答数は420人。

 “携帯電話を汚染している細菌の数はトイレの便座より多い”という中国の調査結果を伝えた上で、自分の携帯端末の衛生面についてどう思うかを聞いたところ、62.1%が「ちょっと汚いかもと思う」、17.4%が「細菌だらけだと思う」と回答し、「汚い」と感じている比率は全体では79.5%となった。男女年齢別に見ると、女性で84.0%、20代では90%が「汚い」と思うと回答しており、男性より女性の方が、また年代が低いほど携帯端末に「汚い」という感覚を持っていることが分かった。

 その一方で、携帯端末を「定期的に掃除している」人は全体の6.0%にとどまった。「気になった時だけ掃除する」人が52.4%と半数以上を占め、41.7%は「ほとんど掃除をしない」と回答。また91.0%が消毒を「したことがない」と答えた。

 なお、固定電話を「持っている」と回答した354人に掃除しているかどうかを聞いたところ、「気になった時だけ掃除する」人が59.6%で最多となり、「ほとんど掃除しない」人が32.8%となった。91.5%が消毒を「したことがない」と回答しており、携帯端末とほぼ同様の結果が得られた。

携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.