ニュース
» 2008年12月08日 12時08分 UPDATE

コンパクトボディに4Gバイトメモリ内蔵、着うたフルプラス対応──「Walkman Phone, Xmini」

KDDIは12月8日、“本格的に音楽を楽しむ”ユーザー向けのソニー・エリクソン製コンパクトスライド端末「Walkman Phone, Xmini」を発表した。12月下旬以降に販売を開始する。4Gバイトの内蔵メモリを搭載し、新たに発表したAAC 320kbpsの「着うたフルプラス」に対応し、高音質な音楽が楽しめる。

[ITmedia]
Photo 「Walkman Phone, Xmini」

 KDDIは12月8日、音楽を生活の一部と考えるユーザーをターゲットにした、本格的な音楽機能をスタイリッシュなボディに搭載した「Walkman Phone, Xmini」を発表した。ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製で、12月下旬以降に発売する。

 Walkman Phone, Xminiは、44(幅)×75(高さ)×18(厚さ)ミリ、約75グラムというコンパクトなボディにケータイらしさを排除したというミニマルなデザインを施したスライド型の端末。メインディスプレイは約1.8インチのQVGA(240×320ピクセル)TFT液晶で、スライドを閉じるとダイヤルキーが隠れ、ミュージックプレーヤーとほぼ同様の形状になる。

 ミュージックプレーヤーの操作はタッチセンサーキーで行う仕様で、本体を閉じたまま曲の再生/停止や早送り/早戻し、曲送り/曲戻し、音量操作などができる。4Gバイト用意されている内蔵メモリのうち、約3.5Gバイトを音楽データの保存に利用でき、着うたフルなら約2300曲の保存が可能。またソニーのウォークマンにも搭載されている高音質技術「クリアオーディオテクノロジー」を搭載するほか、高音域をクリアに再現する「DSEE」、ステレオの左右の音をしっかりと分離してステレオ感を実現する「クリアステレオ」、力強い重低音を再生する「クリアベース」などを備え、高音質な音楽再生を実現した。ソニー製の「大口径13.5mmEX高音質ステレオイヤホン」も付属する。

 またWalkman Phone, Xminiの発売に合わせてサービスが始まる、AAC 320kbpsの「着うたフルプラス」が利用可能。これまでよりさらに高音質な音楽が楽しめる。Bluetoothも搭載しており、ワイヤレスでの音楽視聴も可能だ。

Photo ボディカラーはグリーン×ブルー、パープル×ピンク、ホワイト×ターコイズ、ブラック×ブラックの4色
PhotoPhotoPhoto

「Walkman Phone, Xmini」の主な仕様
機種名 Walkman Phone, Xmini
サイズ(幅×高さ×厚さ) 44×75×20(最薄部18)ミリ
重さ 約75グラム
連続通話時間 約210分
連続待受時間 約230時間
カメラ
外部メモリ
メインディスプレイ 約1.8インチ(240×320ピクセル)TFT液晶
サブディスプレイ
主な機能 EZ着うたフルプラス、LISMO Video、au BOX、LISMO Music ビデオクリップ、オーディオ機器連携、Karada Manager、au one ガジェット、アレンジメニュー、Bluetooth、赤外線通信 ほか
ボディカラー グリーン×ブルー、パープル×ピンク、ホワイト×ターコイズ、ブラック×ブラック

新機種はいつ発売?と思ったら→「携帯データBOX」
  • 各キャリアの「新機種発売日情報」
  • 未発表の端末情報をお届けする「JATE通過情報」
  • 新機種の売れ筋が分かる「携帯販売ランキング」

携帯データBOXそのほか、各端末情報が一望できる“機種別記事一覧”が新登場〜いますぐパワーアップした携帯データBOXをチェック!
携帯データBOXは、ITmediaモバイルトップページのメニューバー右側からもアクセスできます。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.