調査リポート
» 2009年01月20日 18時55分 UPDATE

毎日のニュースチェック、約半数が「PCから」

アイシェアがニュースの閲覧に関する意識調査の結果を発表。ニュースのチェックはテレビやPCを利用するケースが多いが、20代では3割が“ケータイから頻繁にニュースをチェックする”と回答している。

[ITmedia]

 アイシェアは1月19日、「ニュース閲覧に関する意識調査」の結果を発表した。調査は2008年12月17日から同19日まで、同社が運営する無料メール転送サービスCLUB BBQの会員を対象に行ったもので、有効回答数は402人。

 同調査は「PC」「携帯電話」「テレビ」の3媒体でのニュースの閲覧頻度まとめたもの。PCからのニュースサイト閲覧については、全体の52.2%が「毎日見ている」、21.9%が「毎日ではないが頻繁に見ている」と回答しており、合わせると74.1%がPCのニュースサイトを頻繁に閲覧していた。高頻度の閲覧者は女性に比べて男性の方が8ポイントほど高く、年代別では特に30代の利用率と利用頻度が際立っていた。

 携帯電話からのニュースサイト閲覧については、「毎日見ている」「毎日ではないが頻繁に見ている」がともに10.7%という結果だった。20代では30.6%が頻繁に見ているとしているが、全体では「ほとんど見ない」が6割近くとなり、PCからのニュースサイト閲覧とは対照的な結果となった。

 テレビでニュースを見る頻度は、「毎日見ている」が48.8%、「毎日ではないが頻繁に見ている」が18.2%で、合わせると7割がテレビで頻繁にニュースを視聴していることが分かった。年代別では高い年代ほど毎日見ている人が多く、特に40代では60.0%と、30代、20代を約20ポイント以上も上回っている。

 3媒体を比較すると、ネットユーザーのニュースの閲覧率・頻度はPCがわずかな差ながらテレビを抜いてトップ。40代ではPCよりもテレビでの閲覧頻度が高かったが、その一方でPCからニュースサイトを「毎日見ている」としたのも4割半にのぼることから、ニュースの閲覧媒体がテレビからPCに移行しつつある可能性があると分析している。

携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう